記事作成日: 

記事更新日: 

_layoutフォルダにWebサイトのページレイアウトを設定した【静的サイトジェネレーターJekyll】

静的サイトジェネレーターJekyllで個人サイトを作成する時の各ページのレイアウトをどのように適用させるのか?_layoutフォルダーにテンプレートデザインを作成し、コンテンツの各ページのlayoutの項目に作成したテンプレートデザイン名を記述すると良い。

筆者はSEO対策も兼ねて次のことを行った。

トップページにカテゴリー毎の目次ページ、及び、コンテンツ各ページへのリンクを掲載している。なのでカテゴリー毎の目次ページを検索クローラにindexすると重複するコンテンツとして認識されるのではないか?と考えたからだ。以上のことを踏まえて筆者は2つのテンプレートデザインのページを作成した。

難しく考える必要はない。検索クローラにindexと明示するページと、noindexと明示するページを作成するだけという結論だ。つまりmetaタグさえ変更すると良いということだ。一方のページはindexと明示する、もう一方のページはnoindexと明示するということだ。

あとは命名規則を自身で考えれば良いということになる。筆者の個人サイトを例に挙げる。

  1. blogger.htmlと命名したテンプレートデザインファイルを作成。
  2. metaタグにindexを明示。
  3. コンテンツ各記事のlayout項目にbloggerと記述。

以上がコンテンツ各記事に適用したデザインテンプレートだ。

カテゴリー毎の目次ページは検索クローラにindexさせたくはなかったので以下の手順で作成した。

  1. 作成したblogger.htmlを複製。複製する際の命名規則をbloggerIndex.htmlとした。
  2. metaタグにnoindexを明示。
  3. カテゴリー毎の目次ページのlayout項目にbloggerIndexと記述。

テンプレートデザインに記述したレイアウトはコンテンツ各記事とカテゴリー毎の目次ページは同じであるが、検索クローラに対する明示内容は異なることに成功した形だ。この手法を採用することで複数のカテゴリーを作成したとしても、命名規則を自身で決めることで作成時や修正時に混乱することは減ると考えている。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する