記事作成日: 

記事更新日: 

静的サイトジェネレーターJekyllを使ったWebサイト制作でのカテゴリーと目次ページの作成方法

静的サイトジェネレーターJekyllで個人サイトを作成するメインの作業に入った。カテゴリーフォルダーを作成し、index.mdファイルを作成しカテゴリー別の目次ページを作成した。カテゴリー別の目次ページを作成した後は各ページの作成に入った。

静的サイトジェネレーターJekyllを使って個人サイトのコンテンツを作成する際に必要な最低限の項目を洗い出した。以下に筆者が使用している各項目を例として示す。

静的サイトジェネレーターJekyllでは記事を.md拡張子で保存する。Markdownに馴染みがなければ練習あるのみ、慣れるしかない。

上記に挙げた項目はページ毎に変更する箇所が発生するので注意して欲しい。permalinkはURLであること、titleはtitleタグであること、descriptionは記事の概要であること、と認識する必要がある。SEO対策として重要な部分であることに留意して欲しい。余談になるが、筆者があえてpermalinkを明示する理由もダブルチェックの意味を込めているからだ。もし別の記事と重複していた場合にミスに気づくことができるからだ。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する