記事作成日: 

記事更新日: 

軽量CSSフレームワークを使ってWebサイトの読み込み速度を上げる【個人サイト制作】

Webページの読み込み速度、Webサイトの表示速度を考慮すると余計なモノは追加したくない。余計なWebデザインを採用すると途端に表示速度が遅くなる。Webサイトの表示速度を優先しようと考えると素人っぽいWebデザインに陥ってしまう。シンプルなWebデザインと明らかに素人が作成したWebサイトっぽいデザインとの差はどこに表れるのか?CSSをイチから勉強するというのも一つの手ではあるが、作成した個人サイトをなるべく早めに公開したいと考えるのが人情というものだ。

個人サイトのWebデザインにおいて重要なポイントがもう一つある。スマートフォンからウェブサイトへアクセスした際のWebデザインだ。スマホ用のWebデザインを採用しないのであれば、レスポンシブデザインは確実に公開する個人サイトに適用したい。イチからレスポンシブデザインの勉強を始めるのも良い。ただ、なるべく早く作成した個人サイトを公開したのであればレスポンシブデザインの勉強の学習コストを払いたくはないと考えるのも人情だ。「時間があれば誰でもイチから学ぶ。」まぁ人によりけり、考え方は異なる可能性もあろう。

筆者は上記のようなことを考えながら自分が運営し公開する個人サイトのWebデザインをどのようにしたら良いかを考えていた。筆者が導き出した答えは軽量CSSフレームワークを採用することにした。聞き慣れない言葉かもしれないが、いくつか代表的なモノがある。

軽量CSSフレームワークと検索サイトで調べてみるといくつか候補がある。

上記に挙げたもの以外にも色々とあるので興味のある人は探してみてほしい。

筆者が軽量CSSフレームワークに求めた条件は以下になる。

これらの条件に合致したモノを筆者は使用しようと決めた。

上記に挙げた中にあるlitを使用することにした。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する