記事作成日: 

記事更新日: 

jekyll new-themeコマンドを使って1から個人サイト制作に取り掛かった【静的サイトジェネレーターJekyll】

静的サイトジェネレーターJekyllを使って個人サイトを作成するにあたり、一般的なjekyllの使い方ではない方法を筆者は行った。

      
        username@computername:~$ jekyll new-theme
      
    

Terminalを展開し静的サイトジェネレーターJekyllで新しいテーマを作成した。静的サイトジェネレーターJekyll公式サイトに掲載されている新しいjekyllサイトを作成するのではなく、シンプルな個人サイトの作成を筆者は目的としていたのでコマンドを使って新しいjekyllテーマの雛形を作成することにした。

jekyllで新しいテーマが作成できた。作成した新しいjekyllテーマのフォルダー名をbloggerとしているが任意の名前を決めればよい。余談になるが筆者はTerminal上でDesktopに移動している意味は、個人サイトの作成や変更等の作業を行う時はデスクトップ上にフォルダーやファイルを展開している。デスクトップ上で作業フォルダーや作業ファイルを展開すると作業しやすいのでオススメだ。

生成した新しいjekyllテーマの中身を見ると必要最低限のフォルダー群とファイル群が生成されている。jekyll new-themeの方が必要最低限のフォルダー群とファイル群が生成されるので個人サイト初心者にとってはシンプルでわかりやすいはずだ。

筆者が公開している大宮大和のjekyllサイトのフォルダーの中身だ。生成したjekyll new-themeからこのようにフォルダーやファイルを必要に応じて作成していくことになる。

大宮大和の_config.ymlファイルを展開してみた。テキストエディタを使って以下の情報を_config.ymlに追記した。

  • ウェブサイト名
  • ウェブサイトの概要
  • ウェブサイトのURL

上記の項目を記載し終えたら保存して終了だ。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する