記事作成日: 

記事更新日: 

構造化データをページ毎に最低限必要と思われる内容を記載した【個人サイト制作】

個人サイトに構造化データを記述することのメリットはまだ感じることはできないが、SEO対策の一環として構造化データを記述しておくことは良いと判断した。構造化データの仕組み|Google Developers はJSON-LD形式で記述するとあった。JSONを使ったことがある人にとっては理解しやすい記述法と考えている。一度もjsonを触ったことが無い人にとっては見様見真似で最低限理解していくことになるだろう。ただ構造化データはJSON-LD を使った記述法なので少しばかり違うと捉えた方が良いと考えた。筆者は構造化データのドキュメントを読むにつれ運営する個人サイトにどのように記述したらよいかを考えた。記事タイトルや見出し等も構造化データを用いればSEO対策に有利になると考えてはいたが、まず細々としたことは後にやろうと決めた。運営する個人サイトに必要最低限の構造化データはなんだろうか?と考えた結果、次のような記述になった。

筆者が運営する個人サイトの構造化データだ。

各々の項目を簡単に説明しておく。

Schema.orgを参照するとより詳しい項目の説明がある。

筆者の考えとしてお伝えしておきたいポイントは、必要最低限の構造化データを個人サイトに記述した後、記事の追加更新等を行った場合だ。dateModified項目を追加し、更新した日時を書き換えることを忘れないようにしておくことをオススメする。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する