記事作成日: 

記事更新日: 

静的サイトジェネレーターJekyllを使った個人サイト制作の記録

「今どき個人サイトなんてやってんの!?(笑)」「個人サイトなんていつの時代の話やねん(笑)」「個人サイトなんてオワコンだろ(笑)」「ブログじゃなくなんで個人サイトなの?(笑)」「有名になりたいから個人サイトやってるとか?(笑)」等など。このように挙げたら枚挙に暇がない程の痛々しい辛辣な意見が出てくるのは当たり前である。

しかしながら、今だからこそ。敢えて、もう一度言おう。今からだからこそ!

敢えて個人サイトを始めた方がいいのではないか?と思うのだ。そう考えるに至ったので個人サイトを作ってブログとして運営している。

「敢えて個人サイトを始めた理由とはなんですか?」と質問を投げ掛けられたとしても、明確な返答ができるわけではない。「なんとなく」という言葉しか理由は見当たらない。

現状で言えば、一般的にブログを始めるならWordPressを使うことが常識となっている。

にも関わらず、個人サイトを始める、しかも静的サイトジェネレーターを使って、という選択をするのは少数派も少数派といったところだ。動的サイトが主流であるにも関わらず、傍流の静的サイトで個人サイトを始めるというのは時代に逆行していることは否めない。

「Webサイトとブログを見分けることができますか?」という質問を投げ掛けてみたい。もし見分けることができるのであれば凄いことなのだが筆者は見分けることができない。

静的サイトで個人サイトを作る理由を1つ挙げるとするならば、ブログのメインコンテンツはテキストである点に注目してほしいと思うのだ。

CMS等を使ってブログを始め運営するのもいいのだが、重要なのは中身、テキストであると私は考えている。

ブログの要となるのはブログ記事の内容であるということだ。それさえしっかりと表示させることができれば、唯一残される問題は「読者の人が書いたブログ記事を読んでくれるか否か」しかない。

CMSを使ってブログを始めるまでにはブログそのものを構築する時間が必要となる。知識と経験があれば短時間でブログを構築することができるだろうが、知識も経験も無い人がCMSを使ってブログを始めるのには学習する時間が必要となる。

CMSを使ってブログを構築し始めてからしばらく時間が経つと「いったい、いつになればブログを始めることができるのだろうか?」等の悩みを抱える初心者は少なくともいるだろうと私は思うのだ。

以下の記事は、静的サイトジェネレーターJekyllを使って個人サイトを作った一連の作業をまとめた記録である。

一般的な静的サイトジェネレーターJekyllを使ったブログ構築ではない方法で私はこの個人サイトを制作した。

個人サイトを作成したいと考えている人や、シンプルなWebサイトブログを始めてみたいと考えている人、過去に個人サイトをやっていたけど再び始めてみようかな?と検討している人はぜひ参考にしてみてほしい。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する