記事作成日: 

記事更新日: 

立冬の時期にブログを始め、冬至の時期にブログを公開するなら、1年間はブログを続ける覚悟が必要である3つの理由

立冬の時期にブログを始める人は少ないと想定できる。一般的に考えても、あえて11月にブログを始めようと思う人がいるのだろうかと疑問に思うのだ。新年を迎えた1月からブログを始めれば良いと考えるのが常識的な考えだ。立冬から冬至にかけての時期はブログを始めるというよりもブログ運営に悩みだす時期でもある。1月からブログを始めた人、立春、立夏、立秋からブログを始めた人、個々人がブログを始めた時期は違えど、ブログ運営に悩み始める時期が立冬の時期である。端的な言葉で表現するとしたならそれは言うに、ブログに疲れたという心境だ。ブログに疲れたという心境に陥りやすい状況は簡単だ。記事を書いて投稿するという習慣が功を奏しているのか否かだ。検索インプレッション、CTR、PVのどの項目も向上していなければ、自分のブログ運営は間違っているのかと疑い始めてしまうからだ。または単純に年末の時期に差し掛かるのでプライベートが実際的に忙しくなる、または精神的に気忙しい時期になるという点も考慮すべきポイントとなる。「一度、ブログ運営から離れてみよう。」という気持ちになるのが立冬から冬至の時期とも云える。ブログを運営している人が心境の変化を迎える立冬から冬至の時期にブログを始めるという少数派の人に向けてお伝えしたい。もし、立冬の時期にブログを始めたいと考えているのなら、冬至にはブログの筐体でも公開し、1年間はブログを続けると覚悟を持つ必要がある理由を3つ挙げる。

冬の長期休暇に入る前にブログを公開しても検索インプレッション、CTR、PVが増加する見込みは薄い。

休日の過ごし方は千差万別であることは理解していると思う。通年の週末にネットをする人がどれくらいいて、どれくらい検索サイト上で検索されているのかということを想定しておく必要がある。筆者のブログ運営の経験から導き出した見解では、週末は検索インプレッションが低下する。検索インプレッションが低下するとCTRも低下するので当然だがPVも低下する。つまり、立冬からブログを始め、冬至の時期にブログを公開するのであれば、長期休暇中にネットをする人、検索サイト上で検索をする人が果たしてどれくらいなのかを想定したブログ運営が必要になるのだ。例を挙げるとするなら、冬の時期に検索されやすいテーマやジャンルを想定した記事を投稿しておく必要があるということだ。しかしそれは冬限定の記事になりやすいというデメリットがある。1年間を通して読まれる記事に成りにくいという結論に至るのだ。「別にさ、すぐに読んでもらえなくてもいい。」と考えているブログ初心者の人もいるかもしれない。しかしながら、そのような考えは脆くも崩れ去る要因を生む可能性を秘めているのだ。ブログを継続するモチベーションに繋がらないのだ。つまり、立冬にブログを始め、冬至の時期にブログを公開したとしても、他の時期よりも「読まれないブログ」になる可能性があるということは留意しておく必要があるのだ。

新年を迎えて数日、数週間が過ぎても、検索インプレッション、CTR、PVが増加しない可能性がある。

新年を迎えたとしても「読まれないブログ」の状態を引きずる可能性がある。筆者が運営しているWebサイトやブログのような「読み物系」は特に敬遠されやすい。なぜなら、潜在的なブログ読者は、新年を迎え後は、精神面や肉体面を日常生活に戻す作業が必要なので、ネットで検索をする時間そのものが無いという可能性があるのだ。そのような状況で読まれるブログテーマやジャンルがあるのだろうか。ブログのファンや特定の読者がいるのであれば、そのような状況であっても新規投稿記事をアップするだけで読まれる可能性はある。しかし、新たに公開されたブログ、「読まれていないブログ」言い換えるとするなら「知らないブログ」は読まれない可能性の方が多いのだ。いずれにせよ、立冬でブログを始め、冬至の時期にブログを公開したのなら、1年間で検索サイトをよく利用される時期まで耐えるという意識が必要になるということだ。想像してみて欲しい。ブログを公開して約1ヶ月が過ぎようとしている時に、検索インプレッション、CTR、PVのどの項目も上昇していないという状況を。ブログ運営を続けるべきなのか、辞めるべきなのかという考えがふと頭をよぎる可能性があるのだ。「他のブログ初心者の人は読まれているのに、なぜ自分のブログは読まれないのだろうか。」等を勝手に想像してしまう可能性があるということを留意しておいて欲しい。

立冬からブログを始め、冬至の時期にブログを公開したなら、春分までの期間が1つの試金石と考える必要がある。

立冬からブログを始め、冬至の時期にブログを公開した場合は、1年間ブログを運営するという覚悟が必要だ。ただブログ運営の結果を1年間も待てないと思うはずなので1つの試金石を提案したい。冬至の時期にブログを公開したなら、最初の試金石は春分だ。春分の時期に、検索インプレッション、CTR、PVがどれくらい獲得出来ているのかを見定めることだ。春分の時期に想定していた数値を得ることが出来なければ、ブログの改修作業を考えた方が良い。逆に想定していた数値を獲得しているのであれば、夏至、秋分、冬至の各々の時期を次なる試金石と捉えると良い。そうすることで例えばだが、「週末はやはり検索インプレッションが低下するな。」「この時期はなぜCTRが向上したのか。」「なぜこの時期にPV数が大幅に上昇したのか。」等などを分析することができるのだ。つまり、立冬の時期にブログを始め、冬至の時期にブログを公開する方法を選択したのであれば、他の時期に始めるよりも長期的なブログ運営を行う必要があるということになるのだ。時には、「ブログの棚卸し」作業が必要になることもあると考えておく必要があるのだ。

結論として、

ブログを始める前から長期的な運営を考えているのであれば、立冬の時期にブログを始め、冬至の時期にブログを公開するというアイデアは向いているといえる。逆に、短期的な結果を求めているのであれば、他の時期にブログを始めた方が良いと推測することができる。ブログ運営には忍耐力も必要と云われてはいるが、冬の時期にブログを始めた場合は、他の時期にブログを始めるよりも、より忍耐力を試されると意識しておいて欲しい。それではまた。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する