記事作成日: 

記事更新日: 

秋分の時期にブログを公開すると覚悟し、立秋の時期にブログを始める3つの理由

立秋の時期にブログを始めやすいのは学生だ。ちょうど夏休みの時期にあたるからだ。秋分の時期は新学期が始まって約一ヶ月が経とうとする頃にあたる。立春の時期にブログを始め、春分の時期にブログを公開する場合よりも、時間的余裕を持ってブログが始められるのが立秋から秋分の時期になる。○○の秋という言葉を使うとするなら、ブログの秋と位置づけても良い。立秋からブログを始める人にとって考えておくことが1つある。元旦や新学期が始まる時期にブログを始めた人のことを想像してみて欲しいということだ。そして、何人の人がブログを既に辞めているのかということを。例えば、6ヶ月間という前提条件付きで考えてみて欲しい。元旦にブログを始めたら半年が過ぎるのは7月。新学期が始まる4月にブログを始めたら半年が過ぎるのは11月だ。考えてみて欲しい。7月や11月からブログを始める人がどれだけいるのかを。仮に7月や11月にブログを始めたのであれば半年後は年が明けた1月と5月だ。「一体何の話をしているんだ?」と思った人もいるだろう。ブログを継続する為には半年後をイメージする必要があるということにはもう一つ重要な視点が必要なのだ。「読まれるブログ」としてどれくらい成っているのか、どれくらい認知されているのかということを考えておく必要があるのだ。上記で挙げた例を使うならば、年が明けた1月と5月に読まれるテーマやジャンルは何か?と考えてみるとする。いくつか思いつくテーマやジャンルがあるはずだ。このように考えると、もし1月や4月にブログを始めた人が半年先をイメージしていたとしたら、ブログを辞めなかったのだろうか?とも考えられないだろうか。1年のうちで三度目となるブログを始めるのに最適な時期である立秋。半年先の立春の頃に読まれるブログになるにはどのようにブログを運営していく必要があるのだろうか。1年間のうちでブログを始めるラストチャンスを活かすも逃がすも、ブログを始めたいと考えている人の覚悟が試されるのだ。秋分の時期にブログを公開すると覚悟を決めたら、立秋の時期にブログを始めるのが有利である理由を3つ挙げる。

立秋の時期は、夏休みやお盆休みの時期だから「ブログの筐体作り」に取り掛かりやすいからだ。

立秋の時期にブログを始めると有利である点は他にもある。無料ブログサービス、有料ブログサービス、CMSを使ったブログ構築、静的サイトジェネレーターを使ったブログ構築、いずれを選択するにせよ、ブログを公開するまでの期間に「ブログの筐体作り」に取り掛かることができるのだ。「ブログの筐体」というのは、SEO対策を含む必要最低限の各種設定等を意味する。例を挙げるとするなら、faviconの設定、OGPやTwitter Cards用のイメージキャプチャ画像の設定、Google Search Consoleへの登録、アクセス解析サービスの設定等だ。「ブログを公開した後に設定してもいいのではないか?」と思うかもしれないが、ブログを公開するという意味が若干異なるからそう思うのだろう。筆者がお伝えしているブログを公開するという意味は記事を投稿するという意味だ。コンテンツを表示しなくとも、「ブログの筐体」が完成したらとりあえず先にサーバーにアップロードしておくことをオススメする。無料ブログサービスや有料ブログサービスを利用する場合は、記事を投稿はしても非公開設定にしておくだけでいいのだ。ブログ初心者にとってまず必要な作業は、ブログの筐体を完成させることだ。立秋の時期は、学生であれば夏休みがあり、社会人であればお盆休みを利用して、少しずつでもブログに上記に挙げた各種設定を施していくことをオススメする。もし知らないことであれば検索サイトでキーワード検索を行い、自分で調べてながら、メモをとりながら、ブログの筐体作成に必要な理解を深める時間を確保することをオススメする。

立秋の時期にブログを始めることで、来年の立春にブログを始める人よりも有利にブログ運営を展開することができる。

半年先をイメージすることがブログ運営の鍵である以上、立秋からブログを始めるのであれば半年先の立春の前後にインプレッション、CTR、PVを想定したブログ運営を始めることになる。定石通りであればこのように考えてブログを始めることになるが、別の視点を持つことでよりブログ運営が捗る可能性がある。立秋からブログを始めるのであれば、9ヶ月後、1年後を想定したブログを始めると有利に進めることができるのだ。なぜなら、立春からブログを始めた人にとっては数カ月前からブログを始めた人でも「先輩ブロガー」であり、ブログ運営の経験者であるからだ。例えば、同じテーマやジャンルが既に書かれて公開されているブログがあったとしよう。何年も前から公開されているブログと自分がこれから始めようとしているブログを比較することが心情的にあるだろうか。参考にする可能性はあったとしても、ある程度は「気を遣う」可能性があるのではないだろうか。「ブログに書こうと思っていたけど、既に似たような記事があるんだな。」と思ってしまうだけで記事を書こうと思えなくなるものではないだろうか。「ブログはなるべく早く始めた方が良い」と云われている理由がここにある。時間を割いて書こうと思っていたテーマやジャンルが既にある場合、ブログそのものを止めようと思ってしまうからだ。逆の立場で考えてみるということだ。つまり、もし立秋の時期にブログを始めなかったばかりに、半年後の立春の時期にブログを始めようと思った時に先延ばしにしてしまった後悔が発生する可能性があるのだ。「なぜ立秋の時期にブログを始めなかったんだろう。」このような後悔をするくらいなら、来年の立春の時期にブログを始める人よりも、アドバンテージがあった昨年の立秋の時期にブログを始めていた方が良かったと思ったとしても遅いのだ。立秋の時期にブログを始める方が有利な点というのは、来年の立春の時期からブログを始める人が書こうとしているテーマやジャンルの先駆者になれる可能性があるということだ。

ブログの始め方の具体的な方法として、立秋からブログを始めたことをブログに書けるからだ。

来年の立春の時期にブログを始める人が書いた「ブログの始め方」よりも、立秋の時期にブログを始めた人が書いた「ブログの始め方」の方が有利であると上記を読めば理解できるはずだ。つまり、立秋からブログを始めたことを「ブログの始め方」としてブログに書くと良いのだ。この方法はアイデアの1つとして留意して欲しい。そしてなぜ「ブログの始め方」をブログに書くのかというのは、インプレッション、CTR、PVの獲得が目的ではないからだ。ブログ運営に慣れる、ということが主目的になるからだ。ブログは習慣である。ブログ運営を専業にしていたとしても、副業でブログ運営を行っていたとしても、忙しい毎日の合間を縫って記事を書くことになるということを考えれば、ブログを生活の一部に昇華する必要があるのだ。立秋からブログを始めたのであれば、ブログの習慣化を意識する必要があるのだ。ブログを生活の一部にする為のトレーニングとして、「ブログの始め方」をテーマに記事を書く練習を始めると良い。

結論として、

立春や立夏の時期よりも、新しい生活に既に慣れている立秋にブログを始めるメリットはある。ただし、ブログを生活の一部にする、ブログを習慣化するということを意識的に行わない限り、立春や立夏からブログを始めた人の中でブログを止めた人と同じ道をたどることになるかもしれないという可能性は秘めているのだ。立秋からブログを始めることの時間的アドバンテージを意識しながら、ブログの筐体作りに取り掛かり、そして構築したブログを秋分の時期に公開することで、1年のうちでブログを始められるラストチャンスを活かすことができるのだ。それではまた。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する