記事作成日: 

記事更新日: 

立夏の時期にブログを始め、夏至の時期にブログを公開する予定を立て、ブログ公開までの日程を調整すると良い3つの理由

1年のうちでブログを始めるのに最適な時期である立春を逃した後には、ブログを始めるのに最適な時期は無いのか?と思う人もいるだろう。1年のうちでブログを始めるのに最適な時期となる二度目のチャンスが立夏の時期なのだ。立夏の時期は毎年ちょうどゴールデンウィーク(以下、GW)の頃だ。GWが過ぎる頃は学生や社会人は、人によって異なるが各々の環境に慣れ始める時期とも云える。なので立夏の頃は五月病が発症する時期とも言いかえることができる。新しい環境にも慣れる必要がある以上、新しいことを始めるというイメージでブログを始める、ということではないということは冒頭でお伝えしておきたい。1つのアイデアとしてお伝えしたいことがある。立夏の時期にブログを始めるのであれば新しい環境に沿った内容のブログを始めるのに最適なのだ。学業や仕事のことをブログに書くことで得られるメリットがあるのだ。「日記を書くくらいでどんなメリットがあるんだ?面倒なことが増えるだけじゃないのか。」と思う人もいるだろう。ブログは日記とは異なる。日記形式のブログを書くのであれば日記の延長線上でしか無いが、ブログを書く際に三人称を意識した文章を書くと得られるメリットがあるのだ。立夏の時期にブログを始め、夏至の頃に公開すると良い理由を3つ挙げる。

悩みから生まれる解決法は1つではないということに気づける方法は、第三者の視点が鍵と気づけるからだ。

新しい環境にどうしても慣れないと悩んでいる人がいる。もちろん1つのことが原因で悩んでいるのではない。複合的な要因が重なっているからこそ悩みとなっていることが多いのだ。複合的な要因を一つ一つ分解しながら解決していく方法でしか悩みというものは解決しないものだ。学生や社会人がGWが終わった頃に五月病に陥りやすい原因の1つに考えられるのは、「新しい環境に慣れ始めた矢先に、長期休暇が発生するから」と考えられる。非日常から日常への目まぐるしい変化に精神的に対応しきれていない可能性が挙げられる。「仕事モードに切り替える」という言葉があるように精神的にモードチェンジを行わなければならない時期が立夏の時期とも言えるのだ。例に挙げたような長期休暇が終わった後の「仕事モード」へのモードチェンジをどのように行えば良いのかというアイデアの1つとしてブログがある。ブログを始めることで「仕事モード」への道筋を立てると良いのだ。ブログは他人から書け!と言われて始めるようなものではない。なので自分次第で如何ようにも「仕事モード」への切り替えツールとしてブログを利用することができるのだ。例を挙げるとするなら、新しい環境に慣れる為に行ったことをまず下書きしてみると良いのだ。箇条書きでリストアップしても構わない。「新しい環境に慣れる為に行ったこと等に心当たりが一切ない。多分、やってないと思う。」と思う人も当然いることだろう。そう考えるということではないのだ。「仕事モード」に必要なことを思い浮かべてみて欲しい。必ずと言っていい程、「他人の目線」が介入するはずだ。例えば上司の目線等だ。「他人の目線」をイメージすることでいくら心当たりが無かったとしても、1つまたは2つくらいは「新しい環境に慣れる為に行ったこと」が見つかるはずだ。ブログを始める方法論として上記のような例を提示した理由は、学生や新社会人は他人の視点を意識してブログを始めて欲しいと考えているからだ。他人の視点で自分を観る、ということが特に長期休暇後には必要だからだ。

立夏の時期にブログを書き始め、夏至の頃に公開すると決める理由はスケジュール調整が鍵となるからだ。

GWが終わると忙しい学生生活や、社会人は仕事に追われる日々になる。ブログなんて書いている時間なんて無いのだ。「せめてお金になったらブログも続けるかもしれない。」と思う人がいることだろう。現にブログで稼いでいる人は大勢いるからだ。しかしブログで稼ぐには結局のところブログに割く時間がどれだけあるのかで決まる部分がある以上、片手間でブログを始めても稼ぐまではいかないだろうと勝手に想像するのだろう。ブログで稼ぎたければフロー型の記事ではなく、ストック型の記事を書く等のアドバイスをしている「先輩ブロガー」が大勢いる。しかし忙しい学生や社会人にそれらの区別が出来るのだろうかという問題があるのだ。「とりあえずブログを書くしかない。」と思ってしまったら時間の無駄だとアドバイスをしてあげた方が良いのだ。なぜならブログを公開する日が先であれば、インプレッション、CTR、PVを正確に知る術が無いからだ。「だからブログは最初に公開していた方が良いんだ。」という「先輩ブロガー」が大勢いることも理解している。しかし問題はそこではないのだ。学生や社会人がブログを始める動機によってブログに充てる時間が異なるということをまず伝える必要があるのだ。例を挙げる。ブログで稼ぐことをブログを始める動機とした場合ならば、ブログにアフィリエイト広告等を掲載し、アフィリエイト広告を通じてサービス等を読者に購入してもらう必要がある。「他人の視点」を考えた記事を作成する必要があることは理解できるはずだ。この場合におけるブログ運営のスケジュール調整をどのようにするのか?ということをまず考えなければならないのだ。本業に影響が出るようなブログ運営のスケジュールを組んでも仕方ないのだ。ブログを始める動機がスケジュール調整に影響すると言っても過言ではないのだ。場当たり的にブログを始めても「あの時間は一体なんだったんだ。」というオチに帰結してしまうのだ。特に学生よりも社会人であればブログに充てる時間があるなら、資格試験等の勉強に時間を充てる可能性もあるのだ。つまり、立夏から夏至の間にブログを始め、公開すると良いと筆者が提案する理由は、GWと次の長期休暇であるお盆休みの間の過ごし方の提案ということにもなるからだ。

現実の世界の自分の経験をもとに、Webの世界に別の新たな自分を作成するイメージでブログが書ける時期だからだ。

ブログを仕事のように行いたいのであれば、Webの世界を自分を表現する場として意識してみることをオススメしたい。例えるならば、現実の世界で自分が経験したことを第三者の視点で観察してみる。そして、別の第三者としてブログ上で自分が経験したことを表現してみるという方法だ。「敢えてGWが終わった後にするべきことなのか?」と問われると回答に窮するのだが、もし立夏から夏至までの間に自分を表現するタイミングとして最適であるのならどう思うだろうか?質問に質問で返している以上、明確な答えとして説得力が薄いとは思うが、「ブログを始めることを先延ばしにしている」のであれば、出来る時に始める方が良いとは提案したい。ブログ運営やブログの書き方がメインテーマのブログがWeb上には溢れている。この記事もそのうちの1つだ。学生や社会人がブログ運営やブログの書き方をブログのメインテーマに選定したとしてもインプレッション、CTR、PVが想定したとおりに得ることが出来る可能性は低いのだ。学生や社会人としての強みをブログのメインテーマにする方が、インプレッション、CTR、PVがある程度想定できる可能性が高いのだ。自分が経験したことを第三者の目線に変換しブログで表現する。ブログをもとに企画を立ててみるということを、立夏に始めてみて欲しいという提案だ。

結論として、

立夏から悩みを学びに変えるという修行を始めるという視点を持てるのかどうか。学ぶ為に必要なツールがブログ。夏至の前後に構築したブログを公開することが出来たなら、冬至まの期間が表現者としてブログを運営していくということになる。まったく違った道を歩み始めることができるのだ。ブログを始めなかった場合の道、ブログを公開しなかった場合の道、これらを想定することで、例え文章を書くのが苦手であっても、第三者に伝えるという視点を持つことで文章が書けるようになるかもしれないという可能性を拡げることができるのだ。それではまた。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する