記事作成日: 

記事更新日: 

ブログ初心者がやることは二十四節気を活用し半年先をイメージする必要がある3つの理由

ブログ初心者はブログの始め方を検索サイト上で調べがちである。ブログの運営方法の正解を真似することでブログ運営に成功する、とブログ初心者であれば誰もがそのように考える傾向にある。しかし、ブログの始め方等を検索サイト上で発見し実行したとしてもなかなか上手くはいかないものだ。ブログ運営の方法で正解というものは基本的に存在しないからだ。ブログ運営の方法における正解っぽいものがあるという程度なのだ。なぜなら仮に「ブログ運営における方法論としての正解はこれだ!」というものがあったとしたら、それはブログの読者が同じか類似しているという可能性があるからだ。老若男女に読まれるブログを目指すのか、ブログテーマに沿った読者に読んでもらえるブログを目指すのか、ターゲットとする読者を選定した上でブログを構築するのか等、読者の目線で考えればブログ運営法の正解などは無いことに気づくのだ。ブログ初心者がまずやるべきことは、始めたブログをどれくらい続けるのかという問いへの答えを考えなければならない。なぜなら、惰性で続けているブログには2つの問題が発生するからだ。1つはブログネタが尽きる可能性があること。もう1つは類似するコンテンツを作成してしまう可能性があることだ。前者はブログが書けなくなる可能性を示唆している。後者はSEO対策として不利な状況になる可能性を示唆しているのだ。つまり、ブログ初心者はどれくらいの期間続けるのかを考える必要があるのだ。ブログ初心者がブログ運営において必要となる、ブログ運営の半年先を二十四節気を活用することでイメージしやすくなる理由を3つ挙げる。

ブログ初心者は運営するブログの半年先のPV数をイメージする必要がある。

ブログ初心者にとってブログを継続する為のモチベーションとなる最大の評価はPV数の増加だ。「読まれるブログ」であればあるほどブログを継続するモチベーションは維持または拡大する。当たり前のように思うかもしれないが、ブログ運営を継続するモチベーションを半年先まで維持できる人は限りなく少ないからだ。想像して欲しい。今現在「読まれないブログ」を運営していたとしよう。半年先のPV数をイメージできる状態であればブログを書き続ける可能性はある。しかし逆に半年先のPV数をイメージできない状態であれば半年以内にブログを辞めている可能性があるだけだ。「このままブログを続けたとして半年先のPV数はどれくらいになるだろうか。」ブログ初心者は半年先をイメージすることが必要だ。

ブログ初心者が二十四節気を活用することで半年先のブログのPV数をイメージしやすくなる理由は、例えば、春分の日にブログを公開した場合、半年先は秋分の日にあたるからだ。「単純に暦を言っただけでなぜPV数をイメージすることができるんだ?」と思われた人もいることだろう。半年先のPV数をイメージすることにおいて重要なポイントは、季節と季節感だ。実際の季節と季節感、体感としての季節は若干ズレることを活用すると良いからだ。簡単な例を挙げるとするなら、「今日から暦上では冬です。」というフレーズを聞いたとしたら立冬の日を意味する。しかし実際の体感としての季節感はもしかすると冬を感じることは出来ない可能性もあるのだ。これだけでなぜPV数をイメージすることができるのかというと、ブログに掲載してきた記事のブログテーマ、または記事毎のテーマが活きるのかということを半年前から想定することができるからだ。

半年先に読まれる可能性があるテーマやジャンルを選定するブログ戦略を立てやすくなる。

ブログ初心者は季節を先取りした記事作成を意識すると半年先のPV数をイメージしやすい可能性があるということだ。季節を先取りした記事を作成すると決めたのであればブログ戦略を立てる必要がある。例えば、今の季節が夏であれば半年先は冬である。今の季節が春であれば半年先は秋である。当たり前のことを書いたが、季節や季節感をイメージせずにブログ記事を作成すると「消費型のブログ記事」またの名をフロー型のブログ記事がブログに溜まっていくだけになるのだ。フロー型のブログ記事をいくらブログに掲載したところで、検索サイトからの流入が増える見込みは少ない。リアルタイムの季節または季節感の記事をいくら量産したところで検索サイトからの流入が増える見込みは少ないのだ。1年後の同じ季節に検索サイト上でヒットしたとしても、1年前の記事と読者に思われるとPV数が増加する可能性は低いままだ。ブログ初心者は「蓄積型のブログ記事」またの名をストック型のブログ記事を作成しブログに掲載していくという意識が必要となるのだ。このように考えると次に考えるブログ戦略はストック型のブログ記事になりやすいテーマやジャンルを選定する作業になる。

ブログ初心者が二十四節気を活用することで半年先のブログ戦略が立てやすくなる理由は、半年先に読まれる可能性があるテーマやジャンルの選定がしやすくなるということだ。例えばだが、春分から秋分までの半年間に、秋分以降の季節や季節感を先取りしたストック型の記事を作成する為のテーマやジャンルの選定をじっくり行うことができると考えられる。二十四節気を活用するとブログ戦略が立てやすくなるもう一つのメリットは、ストック型の記事を書き溜め掲載したブログの公開日を余裕を持って選定できる点になる。リアルタイム性を持たせたければ季節や季節感に合った時期に公開しても良いし、前倒しでブログを公開しても良いというブログ戦略の判断も立てやすくなるのだ。ブログ初心者は、PV数の増加を期待したいのであればブログ運営の戦略の立て方を知る必要があるということを理解しておくと良い。

ブログ初心者が半年先のブログ運営をイメージすることで、ブロガーとしてのタイプを理解することができる。

ブログ初心者自身がブロガーとしてどのようなタイプなのかを知る必要がある。フロー型のブログ記事、ストック型のブログ記事のどちらを選択するにしても、ブロガーとしてのタイプを知らない限り相性が悪い可能性も考えられるからだ。ありきたりな表現を用いるがわかりやすさをとるために、童話の「うさぎとかめ」を挙げる。ブログ初心者自身がブロガーとして、うさぎ系ブロガーなのか、かめ系ブロガーなのかということを考える必要がある。考えてみて欲しい。うさぎ系うろがーがストック型のブログ記事を書けるのだろうか。また、かめ系ブロガーがフロー型記事を書けるのだろうか、と。このように書くと記事のタイプに合わせるしかないのか?と思う人もいるかもしれないが、そうではない。ブロガーとしてのタイプが先なのだ。いくらテクニックとしてストック型のブログ記事を書きましょうと言われたとしても、ブロガーとしてのタイプがうさぎ系ブロガーである以上、相性が悪いことには変わりないのだ。相性が悪いのであればブログ運営のモチベーションは維持することが果たして出来るのだろうか。逆も然りだ。かめ系ブロガーの人にフロー型の記事を書けと言われても結局はブログへのモチベーションが下がって辞めてしまう可能性が高くなるだけだ。

二十四節気を活用したブログ戦略を立て、半年先のブログのPV数をイメージすることで選定できるテーマやジャンルを、フロー型またはストック型の記事を掲載していく上で重要になる自分が童話「うさぎとかめ」においてどちらのタイプなのかを知ることで、約半年間のブログ運営の筐体が決まるということだ。ブログ運営の筐体を作らない限り、最終的にはPV数を得ることができない「読まれないブログ」になる可能性があるのだ。そうならない為にも半年間をどのように記事を掲載していくのか、自分が活きる土俵を選ぶことがブログ初心者にとって重要なことになる。

結論として、

ブログ初心者が半年先をイメージしたブログ運営をやることが重要だ。例えばだが、「100記事掲載を目指しましょう!」という文言で記事の量産をアドバイスするブロガーが巷に溢れているが、100記事書いたところで「読まれるブログ」になる可能性は極めて低い。記事を量産するよりも、自分がどのようなタイプのブロガーなのか、半年先に読まれる可能性があるテーマやジャンルは何か、半年先のブログの総PV数はいくらくらいになるのか、と具体的なイメージを逆算してブログ戦略を立てることの方が、ブログ初心者にとって最も大切なことなのだ。それではまた。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する