記事作成日: 

記事更新日: 

ブログを始めるならオススメは、二十四節気を活用することが良い3つの理由

ブログを始めようと考えている人にとって最大の悩みは、ブログを始める日をいつにするか決めることだ。簡単にブログが始められる環境があるからとも言えるが、「思い立ったが吉日」という感じで場当たり的にブログを始めやすい。場当たり的にブログを始めても基本的には問題は無い。ただし、ブログを継続するという観点から俯瞰すると、場当たり的にブログを始めても継続することは基本的に困難な状況に陥りやすい。「ブログなんて始めなければよかった」と。一昔前であれば、場当たり的に始めたブログでも読んでくれる人がいたので、「ブログが読まれている」ということが、ブログを継続する動機になりえた。しかし、今ではブログも当たり前のツールとして認知され、Web上に溢れかえっているのが事実だ。そんなWeb上に数多あるブログの中から自分のブログが読まれる可能性を考えるとブログを始めようという気持ちになるのは稀だと考えることができる。「どうせ読まれもしないのに、なぜブログなんて書かないといけないんだ?」と思われても当然の反応ということになる。読まれもしないブログなんて始めるだけ損だと思う人と、読まれないかもしれないがブログを始めてみたいと思う人とこれからは二極化していくと推測している。問題は後者のタイプの人が「ブログを継続していたけど、やっぱり読まれなかった。」と思いブログを辞めてしまうことだ。ブログを始めたいと考えている人にとって、ブログを継続していく上で最も重要なポイントは、「どのようにブログを継続していくのか?」という基本的な考え、ブログを継続することの動機を念頭にブログを始める必要があるのだ。場当たり的にブログを始めるのではなく、また、一般的に云われているブログを始めやすい日を選択するのではなく、二十四節気を活用することでブログが継続しやすくなる3つの理由を挙げる。

ブログを始めたい人が注意するべき1つ目のポイントは、キリの良い日にブログを始めやすいということだ。

ブログを始めようと考えている人がブログを始める日に選びがちなのが、毎月1日だ。何か新しいことを始める時のキリが良い日として毎月1日はわかりやすいからだ。1という数字が持つ「始まり感」も相まって感情面から考えてもブログが始めやすい日と考えがちになる。しかし、毎月1日にブログを始めるとブログというものは継続しない傾向にある。なぜなら、1日でもブログを書かなかった場合を想定していないからだ。「あ、今日ブログ書かなかったなぁ。まぁいいや。明日書けば。」仕事で忙しい毎日を送っている人ならば理解できるはずだ。ブログを書くことを先延ばしにすると結局のところ、ブログを書かないことに等しい状況になる。ブログを書かなかったということが、ブログが書けなくなったと変化してしまうのだ。なのでブログを継続することが困難な状況に陥ってしまいがちになってしまうのだ。例を挙げてみる。ある月の1日にブログを始めた社会人がいたとする。ブログ初日は無事にブログを書くことができた。翌日は仕事が忙しかったこともあり帰宅時間が遅くなった。ブログを書く時間や精神的にブログを書くことに向かうモチベーションが無い。「明日ブログ書けばいいや。」翌日も、また翌日も仕事が忙しかったのでブログを書く時間が確保出来なかった。気づけば初日に書いたブログ記事しか掲載できていない現実が目の前にある。「時間がなくてもブログって書けるものなのかな。」と思い始める。ブログ運営に関することを検索サイト上で調べ始める。この段階でもブログは書いていない。ブログを書くということに集中することが出来なくなる情報を自分で集めてしまうのだ。ブログを始める為のモチベーションとブログを継続する為のモチベーションが異なるということにまだ気づいていないからだ。「やっぱり自分にはブログは向いていなかったんだな。」と思ってしまうのだ。よく考えてみて欲しい。この例に挙げた人は、ブログに掲載した記事数は1記事なのだ。たった1記事でブログを止めてしまうのだ。ブログを始めて1記事掲載した日から、ブログを書かなくなった日が増える毎に「自分にブログは向いていなかった。」と決めつけ始めるのだ。つまり、ブログ初心者にとってブログを継続する為に必要なことは、ブログが書けなかった日をどう捉えるのか、ブログを書けなかった日をどのように考えるのかが重要になるのだ。ブログが書けない日なんていうのは当たり前に存在するのだ。なので毎月1日をブログを始める日に選択してしまうと、日数に追い立てられるという変なプレッシャーを抱えることになりやすいのだ。

三日坊主で終わってしまいやすいブログ初心者に共通するのは、ブログテーマを決めていないからだ。

ブログ初心者がブログを継続できない理由は他にもある。ブログテーマを決めずに場当たり的にブログを始めるからだ。ブログテーマの選定をしない限り、ブログを継続することは困難を極めることになり、三日坊主でブログを終えてしまうのだ。なぜなら、ブログ読者の目線を意識していないからだ。ブログ初心者自身がブログを読む時を想像するとすぐにわかることなのだが、なぜかブログを書く時には忘れてしまうのだ。日記形式のブログを始めた場合においてもブログテーマを選定する必要はある。例えばだが、その日の気分を自由に書くブログとテーマを決めても良い。ブログテーマが選定されていないブログの一番の問題は「何を伝えたいのか?」が欠落しているのだ。言い換えるとするならば、三日坊主でブログを止めてしまう理由は、ブログを通じて読者に何を伝えたいのかという視点が欠けているからだ。例えばだが、昼食に何を食べたか?をブログテーマとして選定したとしよう。ブログ初心者自身がその日の昼食に何を食べたかを読者に伝えたいからブログテーマとして選定した、と言える。もし、場当たり的にブログに書くネタが無いからという理由で、「今日の昼食は美味しかったからブログに書こ。」と思い立ち、そのままブログを書いて投稿したとしよう。次の日のブログ記事は何を書く予定なのだろうかということを考えていないのだ。つまり、ブログテーマを決めることで、ブログを継続することが簡単になるということなのだ。ブログを書く気分では無かったとしても例に挙げたような「今日の昼食」であれば10分もあれば1記事書いて投稿することは可能だと推測することができる。三日坊主でブログを止めることを止めたいのならば、ブログ初心者はブログテーマを選定することから始めた方が良いのだ。

ブログ運営のコツは、ブログ初心者に厳しいかもしれないがスケジュールを組むことに他ならない。

ブログ初心者は「点」でブログ運営を捉えがちになりやすいのだ。ブログ運営は「線」をイメージする必要がある。なぜなら、ブログを公開するだけならば誰でもできるが、ブログを継続するにはブログに施さなければならない重要ポイントがいくつもあるからだ。ブログ初心者が個人で出来る範囲は限られる。1日を18時間と条件を設定した場合、そして、ブログ運営に18時間全てを注ぐことができる日を持てた場合を考えてみて欲しい。18時間全てをブログ記事作成に充てるのか、ブログデザイン作成に充てるのか、SEO対策に時間を充てるのか、等などを考える必要があるのだ。他にも、ブログに広告を掲載して広告収入を得ようと考えた場合、当たり前なのだが行うべきことが増える。ブログ記事を書いて投稿するだけでいいという状態から、「読んでもらえるブログ」にする状態へと遅かれ早かれブログ初心者は行う必要が出てくるのだ。ブログ運営のコツというものがあると仮定するならば、ブログ運営の時間的計画を考えなければならないのだ。ブログ初心者はキリの良い日にブログを始めるのではなく、ブログを始める前にブログテーマを選定し、そしてブログを継続させる為の運営計画を考える必要があるとお伝えすると、「ブログって簡単では無かったのか?」と思われるかもしれないと考えている。ブログは簡単に始めることが出来るが、ブログを継続することは簡単では無いということはハッキリとお伝えしておきたい。その上で、ブログ初心者にアドバイスをお伝えする。

ブログ初心者は二十四節気を活用することで、まずブログ運営の計画を立てやすくなるのだ。例えば、ブログを始める日とブログを公開する日を分けて考えるという方法だ。ブログを始める日をブログ公開の日という考え方を変えるのだ。二十四節気の立冬の日をブログを始める日、冬至の日をブログを公開する日というイメージだ。二十四節気をブログ運営に活用する方法は他にもある。二十四節気の暦と暦の間は約2週間なのでブログテーマやブログに施す設定、ブログデザイン等の作業計画を立てやすくなるのだ。他にも、二十四節気の暦と暦の間の約2週間を1つのテーマでブログを書くという方法等だ。つまり、ブログ運営における鍵となるポイントである時間配分を、よりイメージしやすくなるのが二十四節気を活用した方法と言えるのだ。

結論として、

ブログ初心者は、ブログ初心者向けと云われている情報を鵜呑みにしないことだ。ブログは始めることよりも継続することの方が重要なのだ。ブログを継続する方法においても小手先のテクニック等の情報が溢れているが、大切なことはブログ運営の計画を立てることなのだ。ブログ運営の計画を立てる際に二十四節気を活用することで、ブログを始めたいと考えている人がブログを継続しやすくなるのだ。それではまた。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する