記事作成日: 

記事更新日: 

二十四節気を活用することでブログの始め方や運営の継続に効果的である27の理由

「ブログを始めるのに日取りや時期なんて意味があるの?」 「ブログなんて”思い立ったが吉日”で始めればいいんだよ。」 「月の始め、1日にブログ始めればいいじゃん」等の意見でブログを始めると殆どの場合ブログは続かない。

なぜなら、ブログを日記感覚で始めるとブログは続けられなくなるからだ。

誰もが経験したことがある日記を想像してみてほしい。1日でも書かなくなったら書くのを止めてしまわないだろうか。ブログも日記と共通する。

ブログを日記感覚で始めてしまったばかりに、忙しい日常に追われブログを書かない日ができてしまった途端に「ブログ書くのめんどくせ」と思ってしまってブログを止めてしまうだ。

ブログを続ける為の施策の1つは、ブログは半年先を狙って書くのが効果的なのだ。

半年先を狙うとは、半年先に読んでも色褪せないことをブログに書くということだ。

日記形式のブログを仮にだが始めていたとしよう。半年先に日記を読み返すのは自分しかいないのではないだろうか。

ブログというものを読者がいて成立するということを条件とするならば、半年前の個人的なことである日記を誰が読むだろうか。タレントや芸能人、スポーツ選手等の有名人であれば半年前に書いていたことに興味を持つ人もいるのかもしれない。

しかし、知名度ゼロである一般人の半年前に書いた日記にどのような需要があるのだろうか。

「まぐれ当り」はあるかもしれないが、それではブログを継続しようというモチベーションには繋がらない。

ブログを始める前にネガティブなことを書いてやる気を奪っているつもりは無い。どうせブログを始めるなら「最低でも半年間はブログを続けるぞ!」と決断してブログを始める方が「時間の無駄にはならない」と私は思うのだ。

もちろんだが「半年先のイメージがわかない」と悩む人もいることだろう。そういう人に提案するのが「二十四節気を活用してブログを始めよう!」である。

以下の記事は、例を挙げながらブログ運営に二十四節気を活用する方法等を提案している。

二十四節気を活用してブログを半年間続けることができたなら別の新たなブログにもチャレンジして欲しいと願っている。そして今度は1年間ブログを継続することに挑戦してみてほしい。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する