記事作成日: 

記事更新日: 

SIMフリースマホの電池残量はなるべく維持させた方がいい理由【ブログ運営専用スマホ】

SIMフリースマホによってはバッテリー残量が気になることもある。ブログ運営専用スマホとしてSIMフリースマホを使うのであればバッテリー残量は極力減らさないようにした方がいい。スマホのバッテリー残量を極力減らさない理由の1つは、ブログに記事を投稿しようとした時や、SNSを使用しようと思った際に、スマホのバッテリー残量が心許ないと一旦諦めるしかないな、という状況が発生するからだ。”機会損失”という言葉が妥当とも思えないが、ブログを運営するにあたり、様々なツールを使っての情報発信を行う上でスマホを使うことは欠かせなくなっている。”オンタイムで出来ること”、”リアルタイムで情報発信”がブログ運営においても意識せざるを得ない時がある。なので、ブログ運営専用スマホとして利用する為にSIMフリースマホと格安SIMをセットで使うと決めた人はバックグラウンドで動くアプリ等を極力使わないということを検討してみる必要がある。この施策がスマホのバッテリー残量を極力減らさないという結果を生むのだ、と考えてみてほしい。

スマホのバッテリー残量を減らさない為に使わないアプリをインストールしない。

バックグラウンドで動くアプリを極力減らすことでバッテリー残量の減りを抑えることができる。なので、(絶対に)使用しないであろうスマホアプリはインストールしない方がいいといえる。「使用頻度の低いアプリをスマホにインストールすることなんてないだろ」と思う人もいるかもしれないが、案外そうでもないとお伝えしたい。例えば、「今スマホにアプリをインストールしてもらうと割引クーポンが使えますよ!」等の文言等で宣伝されている機会に遭遇した人は少なからずいることだろう。このようなことなのだ。無意識的、流れ的に使用頻度が低いアプリをスマホにインストールすることが多々あるのだ。例のようなアプリの場合は特に個人情報を登録する必要もあるので使用頻度が低くとも、なかなかアンインストールする気になれないものだ。なのでこのようなアプリがスマホに沢山あるとバッテリー残量が減りやすくなるということだ。なので、スマホのバッテリー残量を減らさない為に「絶対に使用しないアプリはスマホにインストールしない」と自分自身で決めておく必要があるということだ。

スマホのバッテリー残量を減らさない為に通知機能を優先させるアプリを取捨選択する。

スマホにインストールした全てのアプリの通知機能をONにしておくとバッテリー残量が減りやすくなる。なぜなら、データ通信を常時行っているからだ。格安SIMで低速回線を利用していたとしてもバックグラウンドで動くアプリが常時データ通信をしているのだがらバッテリー残量が減りやすくなるのは当たり前だからだ。なので、「通知を優先すべきアプリは何か?」を自分自身で決めておく必要があるということだ。

スマホのバッテリー残量を減らさないもう1つの施策がある。ホーム画面の設定である。動く壁紙を設定していたり、ウィジェット等をホーム画面に置いておくとバッテリー消費が激しくなる。使用頻度が高ければいいのだが、使用頻度が少ないのにも関わらずホーム画面に設定していながら「このスマホってバッテリー消費が激しいんだよね」というのは本末転倒である。

つまり、スマホのバッテリー残量を減らさない為にはバックグラウンドで動いているアプリを極力減らすという施策を設定するしかないということだ。

スマホのバッテリー残量を減らさない為に使い終わったアプリはしっかりと終了させる。

使い終わったアプリをそのまま残している人が少なからずいると想定することができる。使い終わったアプリをそのまま終了させずに置いておくのは、次回に利用する際にサッと使えるので便利なのだがバッテリー消費が激しいことに変わりはないのだ。メモリ上にアプリを展開していることに変わりはないのでバッテリー消費が激しくなっても仕方ないのだ。

「使ったアプリを逐一終了させるのなんて面倒だ!」というのは自由だが、アプリを終了させずに沢山のアプリをタスクマネージャーに展開させながら「このスマホ、バッテリー消費が激しいんだよね」というのは勝手であるということは知っておくといい。

結論として、

SIMフリースマホによってはバッテリー残量がスペック的に心許ないものもある。しかし、要は使い方である。”賢く使う”ことでスマホのバッテリー残量を極力減らさないことができるのだ。ブログ運営専用スマホとしてSIMフリースマホと格安SIMをセットで利用することを選択したのであれば”賢く使う”ことを試してみてほしい。

著者:

【広告】

格安SIM、SIMフリースマホをセットで購入するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する