記事作成日: 

記事更新日: 

他人の意見に左右されないのか、他人の意見を受け入れるのか

意見が安定しない人や意見に一貫性がない人がいる。「コロコロ意見が変わる人ね」と思う人がいるかもしれないが若干イメージが異なる。意見が安定しない人や意見に一貫性がない人の例を挙げるとするなら次のような人物像だ。ある時には「人の意見に耳を傾けろ」と言い、またある時には「人の意見に左右されるな」等のようなことを言って「器用であれ」を特に強調するような人物像だ。「人の意見に耳を傾けろ」「人の意見に心を開け」等の言葉に注意した方がいい、ということを理解することができる質問が1つある。「何人くらいの人の意見なのか?」である。1人の意見だけに耳を傾けるのか、1人の意見だけに心を開くのか。または、10人くらいの人の意見に耳を傾けるのか、10人くらいの意見に心を開くのか。このような質問を考えることで、意見が安定しない人や意見に一貫性がない人の真意を垣間見ることができる。「人の意見に左右されるな」という意見に対しても気づくことができる。人の意見に左右されないようにするということは、他人の意見に耳を傾けない、他人の意見に心を開かないということだ。これは「他人の意見よりも自分の意見を最優先にする」という選択をしたということだ。八方美人な人を望んでいるのか、初志貫徹ができる人を望んでいるのか、または、「自分の意見さえ聞いてくれる人」を望んでいるのか。「器用な人」を望んではいるが結局のところは「自分にとって都合の良い人」を最も望んでいるのではないか。人の意見にも耳を傾け、人の意見に心を開き、他人の意見に左右されない人がいたとした場合、その人物は「自分よりも優秀なのではないか?」と前提条件として考えた方がいいのではないか。否、自分よりも優秀な人物を「自分にとって都合の良い人」にしようとでも企んでいるのだろうか。他人の意見に左右されずに、他人の意見に耳を傾け、または、他人の意見に心を開くということを同時に行うことができるだろうか。これは年齢によって得られるものなのか、それとも個々人の性格や資質によるものなのだろうか。例えばだが「他人の意見の取り扱い説明書」等があれば誰もが欲しいのではないだろうか。

他人の意見というものに気をつけなければならないことがある。1つは、経験則で話しているのか否か。もう1つは、その人の我を通そうとしているのか否か、ということである。前者であれば参考になるかもしれない意見と受け取ることもできる。しかし、後者の場合は往々にして参考にもならない意見となることがある。もし、反面教師として受け取る器や度量が自分にあるのであれば時として参考となる意見にもなるのかもしれない。自分の周りにこのような「器用な人」になることを強く求めている人が少なからずいるのなら対処法を考えておくほうがいい。一般的に「人の意見に耳を傾けろ」「人の意見に心を開け」と言う人ほど『人の意見には耳を傾けないし、人の意見に心を開けない』と云われている。自分にできないことを相手に求めているという矛盾に気づけていない人ほど面倒なことはない。このような人物像を持っている人に対する対処法の第一条件は「人の意見に左右されない」以外にないのだ。『人の意見には耳を傾けないし、人の意見に心を開けない』人物は第一条件に「人の意見に左右されない」という確固とした何かを持っている。だから自分よりも確固とした何かを持っていない人を見つけたら自分の意見を押し通そうとする。そういう”嗅覚”は持っているのだろうと推測することができる。こちらも『人の意見には耳を傾けないし、人の意見に心を開けない』ような人のように確固とした何かをまず持つ必要がある。では「確固とした何か」とは一体なんだろうか。人によって様々だろうが結局のところは「成果」で決まるとしかいえない。例えば、「ある人の意見に耳を傾けた結果として○○を得ることができた」や「あの人の意見に心を開いて実践したら収入が上がったんだ」等の「成果」を得ていたとしたら意見に耳を傾けたり心を開いて実践する方がいいのではないかと考えられないだろうか。『人の意見には耳を傾けないし、人の意見に心を開けない』ような人にはなんらかの確固とした「成果」がある。では、このような人物像が「人の意見に耳を傾けろ!」「人の意見に心を開け!」という理由は「俺の、私の、言うことを聞いていれば上手くいくんだ!わかってんのか!」ということだ。このような人物像に対して「人の意見に左右されない」ようにしようと思ったらどのような行動をとるだろうか。「成果」を持っている人に対してどのように対応するのだろうかと検討することから始めてみる必要がある。つまり「人の意見に左右されない」と決めたのであれば「成果を上げる」しかないということになる。同時に、「成果」を得ることができない、または、成果を挙げることができないのであれば、「成果を上げた人の意見に耳を傾ける」「成果を上げた人の意見に心を開く」と決めておく必要もある。

自分の意見でやり通すと決めたなら人の意見に左右されないと決める。自分の意見でやり通した結果として思ったような成果が出なかったのであれば人の意見に耳を傾ける、人の意見に心を開くしかない。人の意見に耳を傾ける、人の意見に心を開く時は「成果を上げた人の意見」を選択することが何より重要となる。「成果を上げていない人の意見」をいくら聞いたところで成果は上げられないし、成果を得ることはできない。1人だろうが10人だろうが、だ。「成果を上げた人」をどのように見つけるのか?「成果を上げた人」の意見をどのように手に入れるのか?を検討してからでも「他人の意見を受け入れる」ということをしても遅くはない。自分の周りに意見が安定しない人や意見に一貫性がない人がいる場合の1つの考え方として以上を提案したい。

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する