記事作成日: 

記事更新日: 

個人ブログはオウンドメディアとして始める

個人ブログを始めたいと検討している人には「オウンドメディア」として始めてと提案したい。ブログを始める方法は数多ある。情報が溢れかえっているくらいにある。しかし、実際にブログを始める人は少なくなってきているように思う。そう、「思う」である。筆者個人の感じ方でしかお伝えすることができない。「データ出せよ!」「1次ソース出せよ!」と言われても筆者はただ困るだけである。”一般的なブログ”であれば「データ出せよ!」「1次ソース出せよ!」等の意見が出ることは皆無に等しい。「ブログ≒日記」という先入観を持って読んでもらえれば「個人の感想ね」「個人的な意見ね」「この人の考えね」で終わるからだ。「情報の正確さ」が求められる”メディア”の場合、”一般的なブログ”のような「個人の感想」や「個人の意見や考え」を中心としたコンテンツでは情報が足らないと読者に受け取られる可能性がある。「個人ブログをオウンドメディアとして始める」と筆者が提案する理由がここにある。1つは、「データ」や「1次ソース」が無くても「自分が経験したこと」や「自分が体験したこと」をコンテンツ化することでブログで情報発信ができるからだ。「日記ブログや雑記ブログとの違いは?」との指摘があれば次のように返答する。「日記ブログや雑記ブログに共通するのは自分軸で書かれている。」ということになる。「はぁ?個人ブログも自分軸で書いているだろ。」と思われるかもしれない。個人ブログをオウンドメディアとして始めるなら他人軸で記事を書く必要に迫られる。他人軸とは二人称または三人称という意味だ。「ちょっと何言ってるのかわからない」という人に簡単に説明する。日記ブログや雑記ブログはブロガー自身を主題にしたブログである。日記ブログや雑記ブログを読んだ読者が「僕も/私もやってみようかな」等と思うこともあるのかもしれない。ただ、同じことをやったとしてもブログは書けない可能性がある。オウンドメディアの場合を想像してみてほしい。個人ブログをオウンドメディアとして始めているブログに書かれている内容を読者が実際に試してみたとしよう。ブログに書けるのではないだろうか。ここに「差」が存在する。「個人ブログはオウンドメディアとして始める」と提案する理由は、「何か別の良い方法は無いか?」や「もっと簡単な方法は無いのか?」等の情報を必要としている人に対して伝えることができるからだ。筆者のこのブログを例に挙げて解説する。

ブログを1度もやったことが無い人、ブログをやってみたけどなんか違うなと思ってやめてしまった人、もっと簡単にブログができる方法を知りたい人、等に向けてこのブログを通じて情報発信している。筆者が提案するブログの始め方として「シンプルなブログの始め方」の概要をまとめている。[1]「一般的なブログ」を始めたいと考えている人にとっては必要の無いまとめ情報である。しかし、もし「一般的なブログ」ではない”シンプルなブログ”を始めたいと考えている人にとっては有益となりうる可能性がある情報として発信している。「個人ブログはオウンドメディアとして始める」ことを提案する最大の理由がここにある。データや1次ソースを別で提示する必要が無くなるからだ。筆者のこのブログに記載している内容は、全て筆者自身が経験したことや体験したことをベースに書いている。もし仮に筆者が経験していないことや体験していないことを書いているのであればそれは単に”広告記事”と考えられないだろうか。筆者が提案している「シンプルなブログの始め方」を例にいえば、ブログを今まで一度もやったことが無い人にとってはハードルが高いように思う内容である。しかし、ブログを続けるという視点、個人でブログを続けるという視点で検討したならば「シンプルなブログ」で始めた方が後から考えれば楽な方法になりうると筆者自身が経験から導き出した「1つの答え」だ。それをブログを通じて発信している、オウンドメディアとして運営しているということだ。「シンプルなブログの始め方って誰が知ってる?」と言われるようになれば筆者が運営するこのブログを読めばわかるということになれば個人ブログをオウンドメディアとして始めて良かった、ということになる。「つまり、絵空事っていうことですよね?」と言われると返答に困るが、個人ブログをオウンドメディアとして始める醍醐味は「あの人は、何を知っていて、何をしているのか?」を短時間、短期間にアピールすることができるのだ。「一般的なブログ」の限界といえば大袈裟に聞こえるかもしれないが「テーマありき」である。こんなことを言うと「ちょっと待ってください!このまえ言ってたじゃないですか!ブログはブログテーマが一番大切だと!違うんですか?!」と。ブログを始めるならブログテーマを決めることは何を置いても一番大切である。しかし、扱うブログテーマ自体が斜陽になればそのブログを続けるのか?と考えてみてほしい。ここに個人ブログのメリットがある。要するに、個人が何をやっているのか?何をしているのか?をブログのテーマとして扱えばブログを継続することができるのではないだろうか?と考えてみてほしいのだ。「え。でも、例えばだけど、このまえこの人は○○をやってたけど、今度は△△をやってるの?気が変わるの早くない?とか思われないですか?」等を心配する人もいることだろう。筆者に言わせれば「別に気が変わっても、何か新しいこと始めてもいいんじゃないの?」と言いたくなる。なぜなら上記でも述べたように個人ブログとは「ブログの運営者が経験したことや体験したことをベースに書くブログ」であるのだから短期間でブログテーマが変わったとしても何ら不思議なことではない、と考えているからだ。「○○をテーマに扱ったブログ」よりも「○○をやっている人」を知りたい人が大半なのではないだろうか。そんな「誰」を知りたい人に対して「オウンドメディア」として情報発信することにメリットを感じないだろうか。

「オウンドメディア」と言われてもよくわからないという人もいるかもしれないが次のように考えてもいいはずだ。例えば「私は○○について知っています。△△もやっています。よかったらブログを見てください」というアピールができるだけでも「一般的なブログ」を運営して行き詰まるよりもいいのではないだろうか。「個人ブログはオウンドメディアとして始める」ということをブログ運営の1つの方法として検討してみてほしい。

脚注

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する