記事作成日: 

記事更新日: 

「絶対に失敗するブログの始め方」を回避する考え方

ブログを始めようかと検討している人に共通するのが【ブログ 始め方】や【ブログ おすすめ】等のキーワードを使って検索サイト等で調べていると容易に想像がつく。最も一般的な方法である。最も簡単にブログの始め方に関する情報を集めることができるからだ。検索サイト等で調べている人が最終的に落ち着く状況がある。ブログの始め方に関する情報が溢れかえっているので「どの情報を信じてブログを始めたらいいのかわからない」という状況に陥ることがほとんどだろうと推測する。例を挙げると次のようになる。「ブログサービスを使った方がいいのか。無料ブログから始めて、有料ブログに切り替えるのがいいのか」、「ブログを始めるならWordPressだってさ。難しそうだけど”簡単”って書いてあった」等。ブログを1度もやったことがない人、ブログを運営した体験が無い人にとって最大の悩みは「ブログの始め方の方法の中でどれが一番自分に合うの?」ということだろうと推測する。このような状況が「絶対に失敗するブログの始め方」に入っているといっても過言ではない。なぜなら、ブログを始めようかと検討している人はブログを始めるまでに一体どれくらいの時間を使うのだろうか。数多ある「ブログの始め方」に関する情報の中から選びに選んだ方法を用いて、いざブログを始めたとしよう。ブログ記事を投稿するまでに掛かる時間はどれくらいになるのだろうか。無事にブログを始め、定期的にブログに記事を投稿している人を想像してみてほしい。次のような状況である。「記事を書いてブログに投稿しているけど読まれていないな…。」”一般的な”ブログ運営の厳しさを味わっている状況である。「もっと早くブログを始めていたらよかったのかな…」等の心情になる場合もあるだろう。または、「別の方法でブログを始めた方がよかったのかな…」等の心境の変化である。ブログを始めた後の考え方の変化もまた「絶対に失敗するブログの始め方」の一因になりうるといっても過言ではない。なぜなら、ブログは「始め方」よりも「続け方」の方が重要だからだ。しかし、ブログを続ける方法等に関する情報に明確なものが無い現状を鑑みるに、ブログの続け方を得るには「自分で体験するしかない」ということ以外に無いのではないか?と考えられなくもないのだ。さて、ここまでを読んで気づいた人はいるだろうか。「絶対に失敗するブログの始め方」の鍵となることを。そう、「絶対に失敗するブログの始め方」とは「無駄に時間を浪費していることに気づいていない」ということである。「絶対に失敗するブログの始め方」を回避する方法の代替案を提案したい。

「絶対に失敗するブログの始め方」を回避する為の方法として代替案は、「最初に始めたブログはずっと続けなければならないという固定概念を無くす」ことが必要である。ブログを1度もやったことがない人にとっては”お得な情報”ではないだろうか。そうでもない?まぁいい。1つ覚えておいて欲しい前提条件がある。「ブログはブログテーマとセットである」ということを。日記形式のブログを始めた人が陥りがちな状況に次のようなものがある。「あ〜。今日も”ブログ”書けなかったな。今日は忙しかったからなぁ。また明日に”まとめて”書くか。」”まとめて”ブログを書く時間が”明日”にあればいいのだが”明日”になってみないことには誰にもわからないのはあたりまえである。話を戻そう。日記が書けなくなった途端にブログは続かなくなることは誰もが理解していることだろう。例に挙げたように、仮に最初に始めたブログに日記形式を採用してしまったらどうだろうか。「続けられないブログ」になる可能性があるのにも関わらず、日記形式を選択してしまっているということに気づけていないのはなぜだろうか。考えられるのは「固定概念」ではないだろうか。「ブログ≒日記」という固定概念である。「書けないブログテーマを選択しない」ことこそ「絶対に失敗するブログの始め方」を回避する方法である。そうすることで、もし「最初に始めたブログ」が失敗に終わったとしても、「書けそうなブログテーマ」を選択することで新たなブログを始めることができる。そうすることで「無駄な時間」を無くすことも同時に行えるということだ。「ブログの始め方」に固執するのも時間の無駄である。「ブログの始め方」に関する情報の中からどれか1つを選んだなら他のブログの始め方を捨てる必要がある。「あのブログの始め方の方がよかったんじゃないのかな」、「いや、やっぱりあのブログの始め方の方が結局はよかったんだ、きっと」等を考えるのであれば、選択したブログの始め方の通りに記事を書いてブログに投稿していく時間に使った方がいいのだ。「えぇ〜。でもさ、あの人が言ってるブログの始め方も正しそうだし、別のあの人が言ってるブログの始め方も正しそうだし、あのブログに書かれていることも正しそうだし、べつのあのブログに書かれていることも正しそうだから、”正しそうなこと全部”をブログに採り入れたいんだよね」等の意見もあるだろう。筆者に言わせると次のようになる。「別に”正しそうなこと全部”をブログに採り入れるのも有りだ。だけど、そんな”時間”あるの?」と。「絶対に失敗するブログの始め方」において重要なことのもう1つに、「ブログの始め方に関する情報の中で誰の意見を採用するのか?」を決めることだ。1人でいいのだ。他の人の意見まで採り入れる時間は無いと考えた方がいい。もちろんだが、「ブログの始め方」に関する情報を提供している人に限った話ではないのだ。ブログツールを選択するのか、CMS(WordPress等)を選択するのか、SSG(Static Site Generator:静的サイトジェネレーター)を選択するのか、といった「ブログの始め方」に関する情報の中でも重要度の高いことを同時に選択していることにも繋がるからだ。例を挙げるとするならWordPress。「SEOに強いWordPressテーマ」や「SEO対策に最適化されているWordPressテーマ」等を選択する場合だ。「あの人は○○のWordPressテーマがおすすめって言ってたよ!」、「でも、別のあの人は△△のWordPressテーマがおすすめって言ってたぞ!」等だ。ブログツールにWordPressを選んだブログ初心者が陥りがちなことに、どのWordPressテーマを選ぶのか迷うということがある。時間を無駄にしてはいないだろうか。「絶対に失敗するブログの始め方」とは「ブログ記事の作成」および「ブログ記事の投稿」に充てる時間が「別のこと」に対応しなければならない時間に変わってしまうことである。ブログの主体は記事である。記事を投稿しない限りブログとは呼べないのだ。しかしながら、「ブログの始め方」に関する情報は、ブログの外側から作り始めることが専らである。まずブログ記事を作成する。その後にブログデザインを考え、作成する。本来のブログの始め方はこのようになる。だから上記で述べたように「ブログはブログテーマとセットである」と言ったのだ。ブログテーマさえ決まっていれば記事は書けるからだ。「絶対に失敗するブログの始め方」を回避する考え方の鍵は「見切りの早さ」を習得することである。「見切りの早さ」を習得していくことで「ブログの始め方」における本当に大切なこと、大切な作業は何かが観えてくるからだ。自分にとってどの「ブログの始め方」が最適なのか?という「見切りの早さ」を検討してみてほしい。

ブログを始めようかと検討している人にアドバイスを送るとするなら次のようになる。「最短時間で1つのブログテーマを完結させることができるブログの始め方を選ぶことだ」と。他の誰でもない自分にとって、ブログが始めやすい方法、ブログが続けやすい方法を見つけ出し、自分仕様に方法を構築し「最適化」する為に「見切りの早さ」を習得してほしいと提案したい。

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する