記事作成日: 

記事更新日: 

【前編】迷走しながらもWebサイトブログを2年間運営した雑感

自分が計画していたことを尽く潰される。理由を探す。”スピ系”的な考えを採り入れてみる。それでも解決策は見つからない。「なぜこんな状態になるんだろう…」それでもやると決めたことをやる。結果は出ない。”ふりだし”に戻る。こんなことを繰り返しながらでも2年間ブログを運営できたことは感謝した方がいいことなのだろうと思う。

「ブログを副業にしよう」「副業するならブログを始めよう」等の文言を見るたびに「羨ましいな」と思ってしまう自分がいる。いまは少しマシになったが「本業がブロガーの自分は一体どのあたりにいるのだろうか」というようなどうでもいいことを考えてしまう。否応なくこのような文言を見るたびにそう思ってしまうのだ。「本業がブロガーならそれはそれでいいんじゃないの?」と思うかもしれない。しかし、その「本業」すら様々な理由から蔑ろにされるような状況にいると「自分がやってることって一体なに?」と思ってしまうのが人間なのだろうと変に達観したような感情に苛まれる。

「仕事ができる環境」というのは自力で手に入れるようなものなのだろうか。それとも誰かの協力があってこそ手にできるものなのだろうか。「そんなこと考えんでええから手を動かせ!」と言われればそれまでなのだが「本業」すらままならない状況でそんなことを言われれば地平線に響くくらい大声を上げたくなるものだ。「お前に何がわかんねん!!!(イラッ)」と地響きのような声を上げたくなるものだ。まぁ実際にはやらないが。

「ブログを始めるならWordPressを使おう!」「CMSくらい使えないとブロガーじゃないね」「読者の目線を意識して文章を書こう」「いまはスマホの時代だからブログもスマホ向きを意識しよう」等など出るわ出るわ”マーケティング用語もどき”と思いながらでもこのような文言を見るたびに「ブログを本業にしている自分はブロガーとしては半人前、否、丁稚なのかもしれないな」というような気持ちにもなる。だから考え方を切り替えた。「出来ないことをリストアップしよう」と。

「人、1人が出来る範囲というのは限られる。自分のように自分の時間というものが制限される人も世の中には少なくとも何人かいるだろう。そういう人に向けて、無理のない範囲で出来るブログ運営というものがあるはずだ。昨今の”ブログ運営のトレンド”を追えない人に向けて必要最小限で出来るブログ運営をブログを通じて提案しよう」そう思って始めたのが2年前だ。それまでも別のブログをやってたが一切合切捨てた。新たに1から始めよう、そう思ったのが2年前の今日だった。

「1日24時間。睡眠時間を6時間。残り18時間。一般的な労働時間を9時間とすると、自分の時間を”ぶつ切り”にされるという現状を考えるとせいぜい「集中して使える時間は2時間〜3時間が3セット有るか無いか」ということになる。1つの作業に対して充てられる時間は3時間と仮定しよう。まぁそれでも”割り込み処理”が入るということを想定しておかないといけないが」等を考え導き出した答えがいま運営しているこのブログに至ったということになる。「2年間運営してこれだけ?(笑)」と思われても仕方ない。「そうじゃ!!」としか返答できない。これが私のいまの現実なのだ。

「MFI(Mobile First Index:モバイルファーストインデックス)に対応しないといけないのね」「AMP(Accelerated Mobile Pages:アクセラレーティッドモバイルページ)(複数形の読みは相変わらず端折るのね)にも対応してた方がいいのか」「PWA(Progressive Web Application:プログレッシブウェブアプリケーション)にも対応してる方がいいのか。Webアプリじゃないけどメリットはありそうやな」「構造化データとかいうのも必要なのね。json-LD?schema.orgを参考に記述しろ?」等などの情報を見るたびに「個人で出来る範囲を大幅に超えとるな。こんなん無理やん」と思う半面「だからWordPress使えってことなんか。プラグイン使えば楽に出来るしな」というようなことを思っていた。

「WordPressを”素”の状態で使う人はいないんだよな。でも有料のテンプレート買って元が取れるならいいけど今の自分の現状じゃ絶対無理やしな。無料のWordPressテーマもあるけど使いこなすまでの時間を考えるとな…。1日の時間”ぶつ切り”とか”割り込み処理”がある現状な…無理やな…」と葛藤を抱えつつ「今の自分に出来る範囲で」を選択し続けた。そして「いっそのこと昔使ってた静的サイトジェネレーター使って静的サイトでブログやるか」と判断した。それが2年前の夏の出来事。この個人サイト兼ブログが出来る前の話である。

「公開するWebサイトブログはモバイルに特化した方がいいってことやから”ステータス全振り”のイメージでAMPとPWAに対応して作ったらええか。その方が管理が楽やろ。パソコン向きとスマホ向きのWebサイト2つも管理できへんやろうしな。なんせ”時間が限られてる”んやから」ということでPWAMPでWebサイトを作り始めたのが2年前。ぶっちゃけていうとこのWebサイトブログの作成期間は約1ヶ月で完成した。そりゃそうだ。簡素な、素人感丸出しの、いつの時代のWebサイトやねん!という代物なのだから。ということで後編へ続きます。

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する