記事作成日: 

記事更新日: 

ゆっくりコツコツと自分のWebサイトを作り公開することの意味

「HTMLなんて覚えなくても、HTMLが使えなくても、今なら簡単にWebサイトくらい作れるよね」または「Webサイトなんて自分で作らなくても無料でブログができるんだからそれでいいじゃん」等の意見がある。まぁその通りなのだ。だが、自分でWebサイトをゆっくりでもコツコツと作り公開することに意味があると筆者は考えている。「自分が知らないこと、自分が使えないことは”高くつく”」そう筆者は考えている。「じゃあお前は”全部”を知ろうとしているのか!!」等の極論を返されるかもしれないがこちらとしてはそういう話をしているのではないことはご了承願いたい。

「自分でWebサイトを作って公開したからといって誰も見ないものに時間を使うことの方が”無駄”なんじゃないの?(笑)」と思う人が大半だろう。筆者に言わせれば「見てほしいと思うなら”見てもらえるWebサイト”を作って公開するしかないよね」と。「いやいや、それは”甘え”だな。”見てもらえないWebサイト”を作って公開して何の意味があるのか?ってことを聞いているだ。そんな”無駄”なことをして。それは”自己満足”の為か?」と反論もあるだろう。筆者の意見は次のようになる。「折角、自分でWebサイトが公開できる環境にあるのになぜそれを1度でも始めないのか?」と。

1度もWebサイトを作ったことも公開したことも無い人がブログを始めて”見られるブログ”を作ることができるのだろうか?何度も失敗した上で、失敗を糧に”見られるブログ”になっていくのではないか?と思うのだ。そりゃなかには1度の失敗もせずに”見られるブログ”や”読まれているブログ”になることもあるだろう。しかしそれは偶然の産物、ビギナーズラックではないだろうか。

Webサイトに必要なHTMLやCSSだけでも知ることで何かのキッカケになるのではないだろうか。筆者はそう考えている。Webの世界、ネット、ブログ等の世界は”若者”のモノという固定概念を抱いている人もいることだろう。本当にそうなのだろうか?と思うのだ。SNSやメッセンジャーアプリを使うだけがWebの世界ではない、と思うのだ。もし仮にSNSやメッセンジャーアプリを使うだけがWebの世界であるのならそれは単に「通信手段としてのWebの世界」で終わってしまうのではないだろうか。

「別にそれでもいいんじゃない?難しいことなんて知らなくても通信手段として使えるわ、って程度で充分じゃないの?」と思っているかもしれない。本当にそれでいいのだろうか?まぁ「困らない」ということなのだ。HTMLやCSSを使ってWebサイトを作って公開しなくても「困らない」また「通信手段としてのWebの世界」だけで成立しているのだから「困らない」のだ。

Webサイトを自分で作って公開しなくても「困らない」という状態が「困った」という状態になることなんて絶対に無い!!と思うのであれば自分でWebサイトを作って公開しなくてもいいと思う。こう言うと「お、トーンダウンか?(笑)」と思うかもしれないがそうではない。「Webサイトを作って公開する時」というのはどのような状況なのだろうか?と考えてみて欲しいのだ。

「自分の何かを変えたい」という時が人にはある。そんな時にやることと言えば何があるだろうか。一般的には何か「新しいことを始める」ということで「自分を変える」ということをするのではないだろうか。言い替えるならば「今の自分に足りないことをやろう」ということだ。足りないモノやコトを自分に「インプット」を行って自分を変えようとする。ここで1つ考えてみて欲しい。どれだけ自分に「インプット」しても「上には上がいる」という考えや思いがやっている最中に頭によぎるのではないだろうか?と。

「いまから始めても無意味だ」や「こんな初歩的なことやってて自分が変わるわけがない」等。なぜなのかわからないが人間というのは厄介なモノを抱えている。「ちょっとまって(笑)何の話してるの?(笑)自分でWebサイトを作って公開することと関係ある話なの?(笑)」と思う人もいることだろう。単刀直入に言おう。「自分の何かを変えたい」と思った時に必要なことは「アウトプット」ではないだろうか?と筆者は思うのだ。

「アウトプット」すると考え始めると1つの問題、否、壁にぶち当たる。それは「あれ?自分が思っていた以上にアプトプットできるモノやコトがないぞ」と。でも安心してほしい。それは気のせいなのだ。なぜなら「アウトプット」する方法が画一的ではないだろうか。ここに自分でWebサイトを作って公開することに意味があると筆者は考えている。まっさらな状態から自分が「アウトプット」できることをする最も効果的な方法が「ゆっくりでもコツコツと自分でWebサイトを作って公開する」ことだと筆者は考える。「自分を変えたい」と思った時は「まっさらな状態」を手に入れることが何より重要だと考える。その「まっさらな状態」というのが「ゆっくりでもコツコツと自分でWebサイトを作る」ということに他ならないと考える。その「場所」を手に「アウトプット」して「自分を変える」いうことを試してみてもいいのではないかと筆者からの提案だ。

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する