記事作成日: 

記事更新日: 

やることがない時はWebサイトブログがオススメ

やることがない時というのは気分の問題だ。なんてなことを言われるとムカッとするのは当然の反応である。しかし「やることがない」というのは本当に「やることがない」と思っているから「やることがない」のである。要は「暇」であり「やることがある」が気が進まないという時に思うことの総称だ。「やることがない時」と検索サイトで調べてみることもあるだろう。だがそうそうに良さそうな「暇つぶし」というものは見つからないものだ。「やることがない時は休むに限る」と決めている人にとっては仮眠をとったりすることで「やることがない時」を有意義に使うものと推測する。しかし、「何かをやらないといけない」または「動いていないといけない」と考えている人にとっては「やることがない時」という時ほど焦りにも似た感情が沸々と湧き上がるものだろうと推測する。頭を休めつつ身体を動かしたい、または頭を動かしつつ身体を休めたいというどちらか一方を行いたい時に「やることがない」という言葉に置き換えているとも考えられる。個々人の判断、好き好きで判断していいのだが「やることがない時はWebサイトブログがオススメ」と筆者は提案したい。

「Webサイトブログって何?」と思うかもしれない。Webサイトブログというのは静的サイトをブログとして運営することを云う。誤解が無いように言っておくと筆者が勝手にそう命名しているだけだ。WordPress等に代表されるCMSを使ったブログではなく、簡素なWebサイトをブログとして使うということだ。「やることがない時にWebサイトでブログを始めることがなぜオススメなのか?」と同時に思う人もいるだろう。上記で述べたように。頭を休めつつ身体を動かしたい、または頭を動かしつつ身体を休めたいというどちらか一方を行いたい時に「Webサイトブログ」をやることが果たして有意義な時間になるのか?と甚だ疑問だ、と思うのも無理はない。「やることがない時ならSNSとか動画見てればいいじゃん。なんで読まれもしないブログなんて始めなきゃいけなんだよ?」と思うだろう。筆者の考えでは次のようになる。「やることがないという気分の時は自分に向き合う時間として使えばいいじゃないか」と。要は「周囲の雑音をシャットアウト」することと「自分の中の雑音をシャットアウト」することを同時に行える方法が「ブログを書く」ということだと提案したいのだ。「だったらシンプルにブログを始めるなら別に無料ブログサービスやらCMSでブログ始めた方がいいんじゃね?」と思うかもしれない。では筆者から質問。「何かを始めたらどうせ検索サイト等を使って始め方やらなんやらを調べ始めるんじゃないの?」と尋ねたい。

「やることがない時には自分と周囲の雑音をシャットアウトさせる」ことが最も望ましいと筆者は考えている。それこそ「やることがない時には寝るに限る」というのと同じではないだろうか。自分から、自分の周囲から雑音ををシャットアウトさせたい時に検索サイト等を使って知りたい情報を探すだけなら構わないと思うかもしれない。しかし、不意に見たくもなかったと思うことも目に留まるとまた色々と考え始めてしまうのが人間ではないだろうか。そのような状況という雑音をどれだけピシャッとシャットアウトさせることができるか?ということを考えるとそういう時こそ「文章を書く」ということが何より望ましいと筆者は思うのだ。「文章を書くなら別に要らない紙にでも手書きで書いとけばいいんじゃね?」と思うかもしれないが紙に手書きで書くくらいならパソコンを使ってブログとして書いた方がすぐに消せるし紙の無駄にもならないからいいと思うのだ。基本的なWebサイト、一番ベーシックなWebサイト、最もシンプルなWebページの作り方さえ知っていればあとは文章を書くだけ。書いた文章をブログとして公開するのも公開しないのも自分で決めればいい。年齢を重ねると文章を書くことから離れる人が多いと思う。「いやそうでもないだろ。日常的にメール書いたり、メッセンジャーアプリでやりとりしてるし」と思うかもしれないが「文章を書く」という機会はそうそうにないと筆者は思っている。自分が思っていることや考えていることを文章化するというのを「やることがない時」に試してみてほしいと思う。

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する