記事作成日: 

記事更新日: 

創作サイトや個人サイトを始めていた方がいいと思う理由

個人サイトはオワコンだ、創作サイトを個人で始めても意味は無い、等の意見に賛同する人は多いと思う。無名な人が個人サイトや創作サイトを”いまから”始めても意味はない、誰も見ない、誰も読まない、始めても無駄だ、趣味の域を出ない、そんなことをやってて楽しいの?(笑)等の意見を言われてまでやることなのか?と思う人もいることだろう。「君はここまで文章を書いているけど誰が読んでいると思っているの?今の人は文章を読まないよ(笑)」と言われれば筆者は反論することはできない。「反論できんのかい!」と思う人もいると筆者は考える。筆者の意見をいうならば次のようになる。「読みたい人が読んでくれればそれでいい」と。「読みたい人が読んでくれればいいって甘えじゃね?」このような意見に対して筆者は賛同する。なぜなら検索サイト等からブログに訪問した人にとっては重要な情報があるから、と思ったからブログに訪れたからだ。「このブログに自分が知りたかった情報は無かったな。なんでこんなブログが検索結果の上位に表示されているのかわからん」と思い二度とブログに訪れない人を増やしてしまうのが関の山だからだ。しかしながら「情報と意見や考え方は異なる」と筆者は考える。「正確な情報」というのを単純に考えると「答え」や「方法」等と云えるのではないだろうか。では逆に「意見や考え方」というのを単純に考えるなら「参考」や「比較する為の情報」というようなものではないだろうか。

「世の中には色々な考え方や意見がある」と云われているが実のところ殆どの人にとってはそんなことはどうでもいいのではないだろうか。欲しいのは「答え」であったり「方法」や手順等、要するに「失敗しないモノやコト」なのではないだろうか。「誰か僕や私の代わりに失敗してくれる人を探している」のだろうか。このように書くと「ん?どういうことだ?」と思う人もいることだろう。まぁここまで書いた文章を読んでくれた数少ない人しかいないと思うが。失敗したくないから答えが欲しい、失敗したくないから方法を知りたい、失敗したくないから正しい手順が知りたい、なぜなら「時間を無駄にしたくないから」本音を言えば正にこのような意見にたどりつくのではないだろうか。筆者が創作サイトや個人サイトを始めていた方がいいと思う理由がここにある。「時間を無駄にしたくないから」なぜなら「失敗したくないから」と思うのは個々人の自由であるが「そんなことってあるのか?」と筆者はそう思うからだ。仮に「絶対に失敗しない方法」を実践してみて失敗してしまったらどう思うのだろうか。「自分には才能が無かった」または「自分には向いていなかった」と思うだけなのだろうか。仮にそうだったとしたらなぜ始める前にそれを認識できなかったのだろうか?と筆者は思うのだ。なぜなら始める前に自分には才能が無い、自分には向いていないとわかっていたのなら「時間を無駄にする」ことは無かったはずではないだろうか?と思うのだ。

創作サイトや個人サイトを始めた方がいいと思う理由は「失敗したくない」という気持ちや「時間を無駄にしたくない」ということは誰かの基準から生まれて自分でそう思い込んでいるものから離れられる可能性がある、と筆者は思っている。「格好つけて何を言っているんだか(笑)」と思う人も当然いることだろう。例を挙げるとするなら「時間を使ってブログを書いてはいるけど誰にも読まれないから時間を無駄にした、ブログ運営に失敗した」というのは「誰の基準」でそう判断したのだろうか、と思うのだ。創作サイトや個人サイトを始めることによってこれら「誰かが作った基準」から開放されると言えば大袈裟に聞こえるかもしれないが、そのような”基準”から離れることによって自由に自分なりに「自分の時間」を楽しめるようになるのではないだろうか?と思うのだ。「それって結局は趣味ってことじゃん(笑)」という人もいることだろう。ただ筆者は次のように思う。「他人の”趣味”に誰かが作った基準を持ち込むのは誰だ?」と。または「”みんなと同じ”ことをしていればそりゃ誰かが作った基準で比較されるもんなんじゃないの?」と。幸いなのかどうかわからないが筆者のこのブログは”みんなと同じ”ではないと考えている。一般的なブログではないから”自由に”やれている。もし「失敗したくない」や「時間を無駄にしたくない」ということから離れたいと考えている人は創作サイトや個人サイトを始めてみるといいと提案したい。

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する