記事作成日: 

記事更新日: 

目的と意思を意図に変換し行動することで縁を引き寄せることができる

人生には学ぶことが沢山ある。様々なところで云われている文言だ。「勉強」という言葉ではまとめることができない程に学ぶことが沢山あることは誰もが理解していることだ。そんな学ぶことが沢山ある人生においてずっと続く学びとは一体なんだろうか。偉そうに書いているが筆者自身も”この学び”をずっと続けている。まだまだ学びが足りないとも思っている。そんな人生におけるずっと続く学びとは突き詰めて考えると「人間関係」ではないだろうか。「もっと他にもあるだろ」と思う人もいるかもしれないが、これほど難しいものは無いのではないか、と筆者は強く思う。「人間関係」とは一体なんだろうかと考えると日本語には便利な言葉がある。「縁」という言葉を聞いてどんなイメージをするだろうか。「縁」と聞いてどんなニュアンスを受けるだろうか。ある人は宗教的なイメージを抱くだろうし、最近では”スピリチュアル”的なイメージを抱く人もいることだろう。「フワッとしたイメージで理解するもんだろ」と思う人もいることだろう。「縁」とは一体なんなんだろうか。「知らんがな!」と言いたい気持ちも理解できる。筆者が経験したことを踏まえて「縁」という言葉を”分解”すると次のようになる。「人生には、絶対に出会わない人と、絶対に出会う人がいて、それを決めたのは数年前の自分である」と。「はぁ?!」という声が聞こえてきそうだが筆者はこのように結論づけている。「何を偉そうに」と思うかもしれないが、もし「人間関係」に悩んでいるなら一度だけでも立ち止まって考えてみて欲しいと提案したい。”引き寄せの法則”という言葉が”スピリチュアル系”等の界隈で云われはじめて10年以上にもなろうかとしている。この言葉を知っている人は意味を大体でも理解していると思う。しかし、”スピリチュアル系”に興味のない人や嫌悪感を抱く人にとっては言葉が悪いかもしれないが”まやかし”の一種と捉えていると筆者は推測している。個々人の解釈は個々人のものなので大切にしていて欲しいという前提条件を踏まえた上で次のことを考えてみて欲しい。「良縁を引き寄せる、または、悪縁を引き寄せるということが仮にあったとしたら、なぜそのような”引き寄せの法則”が発動するのだろうか?」ほとんどの人は「良縁を引き寄せたい」と考えているはずだ。しかし、時には「あれは悪縁だったな」と言いたくなる現象が発生することもある。なぜ「良縁だけを引き寄せる」ということができないのだろうかと疑問に思うこともあるだろう。まぁ一般的には文句の1つでも言いたくなる程のこともあるはずだ。”引き寄せの法則”は時として「自己責任」とセットで使われる言葉になっている節があると筆者は考える。例えば「それを引き寄せたのは、あなたが引き寄せたからだ」等の文言で返答に窮する状況に置かれた人も大勢いることだろう。いやはや。「こっちは人間関係の悩みでアドバイスを聞きに来たのに…”説教”されに来たわけじゃないんだけどな…しかもお金も払ってるし…」等の状況を味わった人や経験した人もいることだろう。さて、この例を冷静に客観的に観てみると次のようになるのではないだろうか。「お金を支払ってまで”説教された”あなたは良縁を引き寄せたのでしょうか。それとも悪縁を引き寄せたのでしょうか」と考えられないだろうか。なぜその人に助言やアドバイスを求めたのだろうか。なぜその人に出会ったのだろうか。なぜその人と「縁」があったのだろうか。このように考えてみることが「人間関係」の悩み等のヒントや解決への切欠が掴めるのではないだろうか。

「縁」というものを人との出会いと仮定したならば、意図を持ったから出会ったのだろうか。または意図を持たなくとも出会うのだろうか。上記の例で言えば想定されるケースは2つある。1つは「人生相談や人間関係の悩み等を解決することで”有名な人”だから会って相談しよう」と意図を持ったから出会ったケース。もう1つは「とりあえず人間関係の悩みを聞いてくれそうだから相談しよう」と意図を持たずして出会ったケース。いずれのケースにせよ”説教された”という結果を得てしまったのだが、人との出会いとは「意図」が無い限り発生しない”イベント”ではないだろうか。上記の例でいう「意図」とは「人間関係の悩み相談をしたい」ということにならないだろうか。もし、この意図が無ければ出会わなかったのではないだろうか。つまり「縁」が無かったのではないだろうか。「ん〜。こじつけっぽくない?(笑)」と思うかもしれないが「意図」とはこういうものではないだろうかと筆者は経験からそう思うのだ。「意図」とは何か。筆者なりに考え導き出した答えは次のようになる。「意思+目的」=「意図」と。どれだけの意思を持っているのか、または、どれほどの明確な意思を持っているのか。「ちょっと待ってくれ!いきなり意思など持てるわけないだろ」と思うかもしれないが安心してほしい。「目的」に対しての「意思」であると断っておきたい。「じゃ目的を決めることが先なんじゃないの?」と思うかもしれないが「目的」というのは自分で決めたものなのか、人から与えられたものなのかで話が異なってくるということに注意した方がいいとお伝えしておきたい。前者であれば、自分がしたいことや欲しい物などを手に入れたいという欲求などが「目的」になると考えることができる。後者の場合は、「今月の売上目標は○○○○万円!」等の外的な要求などが「目的」になると考えることができる。自分の「目的」と外的要因、例えば他者に決められた「目的」に対して「意思」というのは変化するのではないだろうか。例えば、外的要因であれば”出世する”という目的の為に「意思」を持つことも人によってはあるはずだ。このように、「意思と目的」を「意図」に変換することで「縁」が発生する可能性は増えるのではないだろうか、と筆者は経験からそう結論づけている。「じゃぁ、良縁を”引き寄せ”たければ”良い意思”と”良い目的”を持ったり決めたりして”良い意図”に変換することであり、悪縁は逆っていうこと?」と思うかもしれない。まぁ言葉にしたら安易な表現になるので「単なる”言葉遊び”じゃないか」と重ね重ね思うかもしれない。筆者に云わせると次のようになる。「良縁や悪縁と考えるのもいいが、人間関係というのは学びであるのだったらどちらからも学ぶ必要が時としてあるのではないだろうか?」と。「はぁ?!そこまで言うといて、始めに話を戻すのは卑怯やろ!元も子もないこと言うな!なんやねんそれは!」という声が聞こえてきそうだ。このようなことを思った人にもう1つ問題を投げかけたい。「良縁を引き寄せて、あなたはどうなりたいのか?」または「悪縁を引き寄せてしまった時に、あなたはどうなりたいのだろうか?」

「学校での人間関係に悩んでいて…」や「職場の人間関係に悩んでいて…」等の悩みが尽きない理由の根本的な謎は「あなたはどうなりたいのか?」ということだと筆者は経験からそう考えるに至った。もちろんこれが”正解”などではないことはご了承願いたい。筆者の考えとしてお伝えしたことは「悩み相談をして解決策をいくつか提示されて、あなたは結局どうなりたいのですか?どういう人間になりたいのですか?」と考えてみて欲しい。良縁または悪縁、またはその中間くらいであったとしても「縁」を”引き寄せた”のだとしたら、その「縁」から自分はどうなりたいのか?ということを考えてみて欲しいと提案したい。いまの世界は実際の世界、一般的な言葉を使えば”リアル”だけじゃなくWeb、ネット上でも「縁」を”引き寄せる”こともできる。だからこそ余計に「人間関係の悩み」は尽きることはなく増えると考えることもできる。だが、考え方によっては「縁」を”引き寄せる”ことで「なりたい自分に成れる」可能性も表裏の関係であると考えることもできるのではないだろうか。つまり、「場」もある程度は自分で選択できるのではないだろうか。筆者が”ある程度”という単語を使ったのには理由がある。いくら「意思」や「目的」を明確に決めて行動したとしても「縁」が発生するまでに想像以上の時間が掛かることがあるからだ。他の例を示そう。「ここにお店を開こう。ここは立地が良いからお客さんも大勢来てくれるだろうから」と想定した起業家がいたとしよう。「意思」も「目的」も十二分に持っている起業家だ。お客さんがオープン予定のお店に来るということを「縁」と仮定したとしよう。どれだけの時間が掛かるだろうか。誰もが知っていることだ。やってみないとわからない、と。では、お客さんの立場で考えてみる。「あれ?ここに新規にできたんだ。どんな店なんだろ?」と思うのではないだろうか。「どんなお店?」ということは事前情報すら”リーチ”していないということだ。個人に置き換えて考えてみてほしい。上記で述べたように「どうなりたいのか?」ということが重要であると考えることができないだろうか。「縁」を”引き寄せたい”と考えるなら「意思」と「目的」を持つ、決めることは前提条件でしかない。一番の謎であり、一番の問題は、どこの「場」で「どうなりたいのか?」という「意図」を持つことに他ならないのだ。「なにを偉そうに!何を言うとんねん!」と思うかもしれないが、自分がいまいる「場」において「自分はどうなりたいのか?」という最大の謎と疑問を持つことで”正解の1つかもしれないもの”を得ることができた。「目的と意思を意図に変換し行動することで縁を引き寄せることができる」と。「人間関係」の悩みが尽きないという人は1度でいいので次に挙げることを試してみて欲しいと提案したい。

いま自分がいる「場」は、これから「なりたい自分に成る」為に何かを学べるのだろうか。もし学ぶことが無かったとしたら「卒業する」ことを検討しよう。もしまだ何かを学べるとするなら「卒業」できる「縁」を”引き寄せる”為に「意思」と「目的」を明確に決めて「なりたい自分になる」と「意図」に変換しよう。できれば「卒業」までの「期限」も決めよう。そして「なりたい自分に成る」為に新しい「場」に「入学」して学べる新しい「縁」を”引き寄せ”よう。次に「学ぶこと」は、今までと同じことではない、全く違うことにしよう。

「人間関係」を学ぶ為には「縁」が必要である。学べる「縁」を引き寄せる為には「意図」が必要である。「意図」を得るには「意思」と「目的」が必要である。「意思」と「目的」を持つ為には「場」の選択が鍵となる、と「なりたい自分に成る」と決めた人に対して以上を提案したい。

著者:

【独自ドメインの取得】親和性が高いサービスを選択するのが断然オススメ【レンタルサーバーの契約】

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する