記事作成日: 

記事更新日: 

【番外編】オルタナティブなブログ運営で広告収入を得ることは可能なのか【ブロガー】

昨今のブログ界隈では「ブログで出来ることが出尽くした」と云われ始めている。「これからは動画の時代だ」とも云われ始めている。しかしながら視点を変えることでブログにはまだ可能性があると筆者は考えている。ホームページや個人サイトと呼ばれていた時代からブログに変わり、SNS等の台頭で”フロー型”と呼ばれるコンテンツが主流になった。この現状から最近のブログ界隈では”フロー型”と”ストック型”と呼ばれるブログ形式の比較が盛り上がり賑わせている。時々のトレンドを追うブログが前者、テーマを決めてテーマに沿った内容をブログに蓄積していくのが後者という考え方だ。「ブログではもうこれ以上広告収入は稼げない」という風潮が増え始めた今だからこそ、”フロー型ブログ”と”ストック型ブログ”の違いが顕著になると推測しているブロガーが増えているのだろうということだ。実際のところはどうなのだろうか。ブログではSNSが台頭する前の時ほど広告収入は稼げないかもしれない。しかし地方在住のブロガーはまだブログでの広告収入を得ることができる可能性があると考えられる。以下は、おとぎ話のように聞こえるかもしれないが1つの考え方として読み進めてみてほしいと筆者は考える。ブログを”自分の工房”と考え”ストック型ブログ”として運営し広告収入を得る可能性を模索する理由を3つ挙げる。

”自分の工房”に必要なものは何かを洗い出すと自然とブログテーマが決まる。

これから約3年内にブログを始めるにあたって重要なことは、ブログを”自分の工房”と捉えることが鍵となると筆者は考えている。”工房”を作る時を想像してみて欲しい。何を作る場所なのか、どのように作業を行う予定なのか、なぜこれらのモノが必要なのか。これらの質問をしていくと自ずと自分がブログ上で表現したいテーマが決まっていくものだ。筆者を例に挙げる。例えばだが、筆者は自分がブログを始める際に悩んでいたことがあった。”雑記系ブログ”で始めるのか”専門系ブログ”で始めるのかを。前者は一つのブログを運営するだけで良い。一つのブログに自分が書きたいことを書き続けるだけで良いからだ。後者は一つのブログに一つのブログテーマで成り立たせないといけない。テーマに沿った内容以外を掲載しない方法を利用するのであれば、複数のブログを運営することになると考えてる。この悩みが自分に合うブログ運営の方法として、ブログを”自分の工房”と捉えるようにしようと考えるに至ったのだ。この方法では複数のブログを運営することになるが「ミニサイト」を作成することでテーマごとに分けることができると結論づけた。つまり、これからブログを始める際に重要になる鍵は、1つのブログに1つのブログテーマで運営することだ。この運営を実現する具体的な方法は、”ストック型ブログ”を続けることができるブログテーマの選別となると考えた。

”自分の工房”に名前をつけるのならドメイン名が重要と考えた。

なぜなら、誰の”工房”なのか、または、何の”工房”なのか、を知ってもらうことが重要になるからだ。無名である以上、知ってもらうということが鍵になるからだ。「あの店の名前なんだったか覚えてる?」「いや覚えてない。検索サイトで調べようにも思い出せんから検索できない。」「なんだったかな〜。お店の名前。」実際の生活でもよくある場面だと思う人もいることだろう。人の名前を覚えてもらうのか、お店の名前を覚えてもらうか、これからブログを始めたいと考えている地方在住者は特にだが、名前を覚えてもらうということにこだわりを持つ必要があると考えている。時にWeb上で検索をする場合を考えてみて欲しい。検索サイト上でドメイン名を入力するよりもブログ名で検索する場合の方が多いはずだ。「ドメイン名よりもtitleタグの方がSEO対策として重要なんじゃないか!」と思う人もいるだろう。

ブログのアクセス数を増やす戦略としてどちらを優先するのかを考えてみてほしい。ブログの知名度を上げるか、ブロガーとして知名度を上げるかだ。今から約3年の間にブログを始めるとした場合、日々新たに公開されるブログやウェブサイトという大海原で、何ヶ月後にブログ名またはブロガー名で検索をかけてもらえるようになるのかを想定していることが重要になると筆者は考えている。独自ドメインは”お店の看板”として捉えると、ブログ名とドメイン名は同じにする、または、なるべく近いものにしている方が良いということが上記のことで理解できるはずだ。なので筆者は独自ドメインを取得する際に名前を選択した。そうすることで誰が作っているのか、誰のブログなのかが一目瞭然になると考えたからだ。ブログ名で検索されたとしても、ブロガー名で検索されたとしても結果として個人サイトのようにもなったことは結果として良かったと考えている。

筆者が行っている”オルタナティブ”なブログ運営は古いアイデアの集合体だ。これは筆者自身が自覚している。ただ新しいことを追いかけても結果が同じであればわかりやすいところから始めた方がいいと考えている。広告収入が順当に増えれば筆者の狙い通りという結果を手にすることができる。

”自分の工房”からの派生テーマは必然的にサブドメイン型で運営することになる。

”自分の工房”というブログを運営していると新たなコンセプトでブログを始めたいと考え始める。新たなコンセプトをミニサイトで運営しようと考えたら新規にドメインを取得する必要があると思うのが自然な発想だ。予算に余裕があるのであれば、1つのブログに1つのテーマ、そして独自ドメインを付与するのもブログ運営の戦略としては良いのかもしれない。しかし、”自分の工房”の派生コンセプトということを全面に押し出すのであれば、サブドメインでミニサイトを運営することがベストな選択と考えている。契約するレンタルサーバーのプランによって使用できるサブドメイン数は限られるが、新規コンセプトごとにミニサイトを作成し運営するのであれば、なるべく多くのサブドメインが使用できるレンタルサーバープランを選択するのがいい。

検索サイトによっては1つのドメインで表示されるサブドメインは3つまでと決まっていたりするようだ。筆者にその確証は無いのではっきりとしたことはお伝えすることはできないが、コンセプトが明確に分かれているのであれば、この限りではないのではないか?とも考えている。もし検索サイト上で1つのドメインで表示されるサブドメインが3つまでであるのなら、派生コンセプトをもとにミニサイトを作成し公開した場合はSNS等からの流入しかないと割り切る必要がある。

”自分の工房”から派生した新規コンセプトをサブドメインを使用しミニサイトで公開すると考えた場合のメリットとデメリットを想定しておくことも、”オルタナティブ”でのブログ運営で広告収入を得る手段の1つとして考えておいてほしい。

結論として、

”オルタナティブ”なブログ運営で広告収入を得る為に必要な考えは上記だけではないと筆者自身が考えている。今考えられる方法を記載した。「自分の考えや意見を文章化する」ことから始めたことではあるのだが、広告収入を得るとなると別の視点や考え方が必要になる。地方在住者の方でオルタナティブなブログの始め方を実践している人は広告収入を得る方法を独自に見つけ出してほしい。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する