記事作成日: 

記事更新日: 

静的サイトジェネレーターを使ったブログ作成が断然捗る3つの理由

HTMLとCSSだけ使ってブログは作れるとは言ったものの1ページずつコピペで作成するのは本気で面倒な作業となる。イメージしてみてほしい。記事を作成するたびにhead部をコピーしてbody部に記事を書き始めるという手作業は本当に面倒な作業になる。URLの構成やURLを変更しなければならない箇所も増えていくものだ。このような作業を自動で設定してくれるツールを使えば楽にブログ作業が捗るのだ。これからブログを始めてみたいと考えている地方在住者の方へ1つの案として、静的サイトジェネレーター(以下、SSG)を使ったブログ制作が断然捗る理由を3つ挙げる。

SSGを利用したブログ構築は、CMSを利用したブログ構築よりも学習コストを抑えることができる。

HTML、CSSだけでブログ(Webサイト)は構築することができる。しかし冒頭でも述べたように1ページずつ作成すると手間と面倒な作業が増える。これを解決するにはテンプレートエンジンまたはテンプレート言語を使うと解決することができる。テンプレートエンジン、テンプレート言語を使うには開発環境をPC上に構築する必要がある。利用するテンプレートエンジン、テンプレート言語によって対応するプログラミング言語が異なることもある。なので静的サイトジェネレーター(Static Site Generator:SSG)を利用することを筆者はオススメする。現状としてブログを始めるなら一般的にWordPress等のCMSの利用が推奨されている。しかしながら筆者の個人的な意見としてお伝えしたいのはCMSを使ったブログ構築は学習コストが高いと考えている。つまり、SSGを利用したブログ構築は、HTML、CSS、テンプレートエンジンまたはテンプレート言語を使うことさえできればブログ(Webサイト)は構築することができると考えることができるのだ。

SSGを利用したブログ構築は面倒な作業を極力減らすことができる。

SSGによって使えるテンプレートエンジンまたはテンプレート言語は異なるので学ぶ必要があるが、テンプレートエンジンまたはテンプレート言語の公式ページを参照すると使い方が記載されている。もちろん検索サイト等で利用したい命令を検索するのもいいだろう。テンプレートエンジン、テンプレート言語を上手く利用することで、ページごとに変わる項目等も自動で変更されることになる。逐一、手入力で変更する必要はなくなるというメリットが何より大きい。つまり、一度変更をかければ永続的に変更しないであろう項目だけではなく、ブログ記事が追加された場合においても自動で変更されるように雛形をしっかりと作成しておくと、面倒な作業を極力減らすことができるということだ。

SSGを利用したブログ作業はオンライン上でなくてもできる。

筆者個人は最大の魅力と考えているのだが、オンライン上でなくてもブログ作業ができるという点がSSGにはある。PC上にSSGの環境さえ構築しておけば、CMSのようにネットに接続しなくともブログ作業ができるのだ。ネットに接続できない環境下でも記事を作成するページ、レイアウトを設定しているページ、目次ページ、トップページ、という手順を自分で決めておけば、ネットに接続できる環境になれば作成したブログを記事をSSGで生成し、生成されたフォルダーをWebサーバーにアップロードするだけでブログの更新作業を終えることができるのがシンプルでよい。つまり、PCのローカル環境上に記事を作成しておけるのでブログのバックアップを取りたい時にわざわざネットに接続しなくてもよいということだ。

結論として、

これからブログを始めたいと考えている地方在住者の方に必要なことは、学習コストを如何に低くしながら、ブログサービス等のプラットフォームに依存することなく、ブログ作業を捗らせることができるかということを考えてみてほしい。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する