記事作成日: 

記事更新日: 

ブログを始めるならウェブサイトの基礎を学びながら作成した方が良い3つの理由

自分の考えや意見を文章化する難しさを雰囲気でも理解できた上でブログを始めようと考えている人は颯爽とブログを始める散弾を考える。ではここで考えてみて欲しいポイントがある。ブログとウェブサイトはどのように違うのだろうか。明確に違うポイントを説明できる人はいるのだろうか。PCまたはスマホにインストールされているウェブブラウザを使って、ブログにアクセスしようが、ウェブサイトにアクセスしようが、表示されるのはHTMLとCSS、JavaScriptで構成されたものが表示される。CMSを使用してブログを公開しているのであれば、データベース等も使われてるがWebブラウザ上で表示されるのはHTML、CSS、JavaScriptだ。ブログを始めたいと本気で考えている地方在住者は、ブログを始めたばかりに”お客にされる”よりも、ウェブサイト作成の基礎を学ぶ方が絶対に良い理由を3つ挙げる。

HTML、CSS、JavaScriptの知識が無くても簡単にブログを始めたいなら無料ブログを使えばいい。

無料ブログサービスを利用することで、HTML、CSS、JavaScriptの知識が無くてもブログを公開することができる。これは紛れもない事実だ。自分の考えや意見を文章化することだけに集中したいのであれば、なおのこと無料ブログサービスを利用することで簡単にブログは始められるのだ。ブログで広告収入を稼ぎたいと思うのであれば有料ブログサービスを利用するか、自分でブログを作成するしかないのだ。後者を選択した場合は細心の注意を持つ必要がある。”お客にされる”可能性が出てくるからだ。ブログで稼ぐ為に”不必要な”お金を使うことになってしまった場合、それは本末転倒な話なのだ。「ブログで稼ぐなんて思わなきゃよかった…。」と後悔しても後の祭りだ。ブログを始めて半年後または1年後に、ある程度のPV数を得れるようになった時に、ブログで稼ぐと考えても遅くは無いのだ。拙速なことをすると”急いては事を仕損ずる”ということわざにもあるように後悔しか残らないのだ。ブログを始めたばかりに無駄な時間を過ごすことにもならない為には「学ぶ」しかないのだ。学んで身につけて実践するしか道は無いのだ。無料ブログサービスを利用するだけでもウェブサイトの基礎は学ぶことができる。例えば、「自分がイチからこのブログを作ることは可能なのか?」と質問を自分自身に投げかけてみれば良い。つまり、”お客にされない”ように対策を講じるのであれば、まずは時間を何に使うのかを考える必要があるのだ。筆者の考えとしては、コンテンツ作りに注力するのか、ウェブサイト作成に注力するのか、どちらかに時間を割けば良いと考える。ブログを始めたいと考えている地方在住者の方のなかで、ブログをとりあえず始めたいと考えている人は無料ブログサービスを利用することをオススメする。またはブログを公開する為に必要最低限のHTML、CSS、JavaScriptの知識を学んでからブログを作成し公開することを選択するのであれば、書籍等を購入し独学で習得することをオススメしたい。

既にあるプラットフォームに依存するのか、自分で作ったプラットフォームを利用するのかを考えることが大切だからだ。

「プラットフォームに依存しない方法でブログを始めるのが良い」と云われている。ブログで稼ぐ場合は特にこの考えになるのだが、ブログの収益化の話に限ったことではない。ブログサービスによって異なるが、ブログを書いた著作権等はどこに帰属するのかということもあるのだ。自分の時間を使って書いたブログ記事の著作権等が自分に帰属しないとなると、どう思うだろうか。他にもブログに掲載した画像等の著作権等も同様に考えておく必要があるのだ。プラットフォームに依存しない方法はただ一つしかない。全て自分で作成するしかないのだ。なのでウェブサイト作成の基礎も知らない場合は”言われるがまま”になってしまう可能性が高いのだ。「ブログを始めるならWordPressを使おう。」、「デザインテンプレートはSEOに強い○○を使おう。”みんな”使っているから。」、「広告収入を得るために△△を利用しよう。」、「SEOを意識した文章を書こう。」等の文言で”お客にされる”可能性が高いのだ。もしウェブサイト作成の知識が少しでもあるなら、とりあえずトップページだけでも自分で作成してみるといいのだ。最小限の時間と最小限のお金だけで出来ることを知ることで、ブログ作成から公開、運営までの概算ができるはずだ。つまり、自分でウェブサイトの1ページも作成できない場合は”お客にされる”可能性がより高くなるということだ。

個人で1からウェブサイトを作成するハードルがどんどん高くなっているからだ。

筆者のこのブログは必要最小限のモノで構成されている。なのでページの表示速度は速いというメリットはあるのだが、”一般的なブログ”のような装飾が施していないので、”読まれるブログ”になる可能性が最初から低いのだ。”一般的なブログ”のデザインをなぜブログに施さないのかという理由は、ウェブサイト1ページを作成するのに時間が掛かるのだ。「こんなシンプルなブログデザインでも時間が掛かるのか?」と聞かれると少し意味が異なるとお伝えしておきたい。例えば必要最小限のSEO対策を講ずるHTMLファイル上のhead部に記載することが増えている点が挙げられる。

そして問題のブログデザイン等の設定だ。レスポンシブデザインの採用は常識だとして、スマホ用のページを作成するのか否か等も考える必要があるのだ。これらのことを容易にできるのがWordPressに代表されるCMSだ。無料のデザインテンプレートを利用することでCSS等の知識が無くとも”一般的なブログ”にすることができる。ただもし少しでもオリジナリティをブログデザインで出したいと考えた場合は、自力で1からデザインを構築する必要がある。今ならSassくらい使えて当然と思われている可能性が高い。CMSを利用したブログの運営方法はHTMLやCSS等の知識が無いに等しい人にとっては、楽ができることと、楽じゃないことの落差が大きい点だ。なのでまずは1番ベーシックな方法から始めるウェブサイト作成で基礎を学習することから始めた方が良いと筆者は考えるのだ。

結論として、

ブログを始めるのにどこまで”お客にされる”のかという”ゲーム”に参加しない方が良い。そのような”ゲーム”に参加するくらいなら、独学でWeb上に溢れる無料のウェブサイト作成の基礎を学習して少しずつでもウェブサイトやブログを作成することの方が良い。ことわざにもあるように”急がば廻れ”の精神がブログを始める際の指針になる。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する