記事作成日: 

記事更新日: 

ブログを始める動機は「自分の意見が誰かの役に立つはずだ」と考えた方が良い3つの理由

自分の意見をブログに書いたところで誰の役に立つのかという考え方を、「自分の意見を書いたブログが、もしかしたら誰かの役に立つかもしれない」と考え方を変えた場合、地方在住者はブログを始めるのだろうか?否、ブログを読み始めるのだろうか?と言っても過言ではない。本来であればブログを始める動機はどのような理由でもいい。しかし地方在住者がブログを始めるのであれば「自分の意見を書く」というポイントに焦点をあてた方がいい。地方在住者がブログを始める際の動機の設定として「自分の意見が誰かの役に立つはずだ」と考えた方が良い3つの理由について挙げる。

自分が経験したことが誰かの役に立つ情報になる可能性があるからだ。

ブログを読んでいないと気づかないことの1つであるのだが、他の人が経験したことが自分にとって役立つ情報になりうる可能性がある。例を挙げるとするなら資格試験の勉強法等だ。何かの資格試験を受けて合格したいと考えている人なら一度は検索サイト等で勉強法等を検索したことがあるはずだ。「参考になりそうな資格試験の勉強法は無いものか…?」と考えるのは自然なことだ。合格するまで何度も資格試験を受けることを考える人はまずいないはずだ。1回の資格試験で合格したいと考える方が自然だ。この例からもわかるとおり、もし資格試験の勉強法等がブログに無かった場合は自力でなんとか勉強法を確立し、資格試験に合格できるようなことをしなければならなくなる可能性が高い。もちろんだが、それが”普通”なのかもしれないが”遠回り”であることは否めない。逆の立場だったらどのように思うだろうか。つまり、自分が経験したことが廻り廻って誰かの役に立つ情報になる可能性があると考えることができるのだ。だからこそ、これからブログを始めたいと考えている地方在住者の方は、ブログを始める動機として「自分の経験が誰かの役に立つ情報になるかもしれない」ということは覚えておいてほしい。

自分の意見が誰かの凝り固まった考えの突破口になる可能性があるからだ。

自分の考えだけに凝り固まった場合や状況を考えてみて欲しい。”居直っている”精神状態と言い換えてもいい。状況を打開するために必要な、最も効果的な考え方や方法が自分の身の回りに溢れていたとしても、”居直っている”精神状態の場合、誰の意見にも耳を傾けないことが多々あるはずだ。「大きな視点でモノを観る」や「多角的に捉えよう」や「多面的に考えてみよう」等の文言が巷に溢れかえっているが、考え方が今までと同じ、”居直っている”精神状態ではいくら「大きな視点でモノを観る」ことを試みたとしても、”視点”が変わっていない以上、状況を突破するような『最適解』を得ることは難しいはずだ。もう1つ考えられることは、”居直っている”精神状態で他人の話を正確に聞くことが感情的にできるのか?という1種の問題もある。このような状況は誰しも経験があるはずだ。「あの人はああなると人の話を聞かんようになるからなぁ。」や「コミュニケーションが大事とか普段は言っときながら、自分の考えしか認めようとせえへんやんか、あの人は。」等の日常生活に溢れかえっているよくあるシチュエーションだ。「思考」を使いながら「会話」する人は稀だ。ほとんどの場合は「反応」でしかない。では「文字」または「文章」でコミュニケーションをとった場合はどうだろうか。「会話」の方が楽と考える人の方が多いはずだ。「文章」を読むだけで疲れる人もいることだろう。つまり、にっちもさっちもいかない状況を打開したい場合、「反応」を優先させるのか「思考」を優先させるのかという二者択一に気づいているのか気づいていないのかをまず知る必要があるということだ。もっと踏み込んだことを言うならば、「自分の感情に反応してるだけ」ということが導き出される。”居直っている”精神状態とはもしかするとこのような状態なのかもしれない。文章を読むという行為はある意味、「一方通行」だ。この「一方通行」であることを逆手にとると考えれば「自分の考えを整理整頓する」ことが可能ではないだろうか?つまり、文章を読むことで「自分の感情に反応している」状態を一時的に止めることが可能ではないだろうか。ブログを読む人は思っている以上に少ない。ブログを読む人は、同じようなジャンル、同じようなことが書かれた内容のブログを読むことにもなる可能性もある。様々な意見や考え方をブログに書くことの重要性がここにある。つまり、少数派の意見であっても「視点を変える」きっかけになりうる可能性が高いということだ。だからこそ、これからブログを始めてみたいと考えている地方在住者の方は臆することなく「ブログを書く」ということを覚えておいてほしい。

他人が知りたい情報は自分が想定しているものではない可能性があるからだ。

自分が”当たり前”だと思っていることが他人にとっては”当たり前”だと思っていないことがある。逆もまた然りだ。他人が”当たり前”だと思っていることでも自分にとっては”当たり前”ではないことがある。小さな例を挙げてみる。例えばだが、「SNSの使い方」と聞いてどのようなことを考えるだろうか。「SNSはその時に自分が思ったことを書いて投稿したらいい」と考えている人もいる。別の人は「SNSは宣伝に使う。自分が思ってることを投稿しても意味がない」と考えている人もいる。他の人は「SNSは”リア友”との会話専用に使う」と考えている人もいる。「SNSの使い方」1つをとっても”当たり前”は数多あるということだ。この例を使って想定されることは、「SNSは宣伝にしか使わない」と考えていた人が”別の当たり前”という情報に触れた時、もしかすると”別の当たり前”を参考にする可能性があるということだ。例えば、「SNSは宣伝にも使うが、自分の意見も投稿してみよう」と思い始めるかもしれないということだ。つまり、「知りたい情報」というのは自分が思っていることではない可能性があるということだ。自分にとっては「こんなこと書いても”当たり前”すぎて意味は無いよな」と思っていることでも、他人からすると「貴重な情報」である可能性があるのだ。今からブログを始めたいと考えている地方在住者の方は「自分が思っている”当たり前”も、もしかすると他人にとっては”有益な情報”になるかもしれない」ということを覚えておいてほしい。

結論として、

「都会や大都市に住んでいる人がブログに書いていること」と「地方に住んでいる人がブログに書いていること」に「差」は存在するのだろうか。「環境」や「道具」に「差」はあれど、参考になりうる「情報」には「差」は無いと筆者は考えている。要は「使い方」次第だ。だからこそ「ブログに自分の意見や経験を書く」こと、これからは特に重要になると個人的ではあるが筆者は想定している。これら筆者の意見も「1つの情報」として扱ってみてほしいと願う。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する