記事作成日: 

記事更新日: 

1記事あたりに掲載する広告数を決めることがグッドな収益方法なのではないかと考える理由

個人ブログ初心者は、ブログに訪れた読者の一定数に1点だけ不満があることを考えておく必要がある。ブログを継続して運営していくにつれ、個人ブロガーとして「ブログからの収益」を優先しがちになる。ブログに掲載している広告から如何に収入を得ることができるのか?等を追い求めがちになる。しかし、である。「ブログに掲載している広告が多すぎるんじゃないか?」「広告を読み込む為にスマホのギガ容量を消費してるわけじゃない!」「広告よりも先にコンテンツを表示させろよ!」等、ブログに訪れた読者の気持ちとしてはこのような感情を抱く可能性が高いのだ。

個人ブログ初心者にとっては「ブログに広告を掲載することがなぜいけないのだ?」と思うかもしれないが、ブログに訪れた読者が「掲載している広告数が多くてウザい」等と思われているのでは、今後、ブログを読んでくれない可能性もあると考えた方がいいのではないだろうか。

ブログに訪れた読者が「ウザい」と思われない為には、『読者が不快に感じない1記事あたりの広告掲載数いくつなのだろうか?』ということを個人ブログ初心者は一度冷静になって検討する方がいい。ブログ1記事あたりのベストな広告掲載数はいくつなのか?を考察してみた。

ブログから広告収入を得る為に一般的な広告掲載レイアウトを採用すると決める。

ブログ運営における一般的、半ば常識になっている広告掲載レイアウトを採用することで、ブログ読者にウザイと思われない広告掲載数を維持するという考え方だ。例えば、2カラムデザインを採用している一般的なブログであれば、サイドメニュー側、記事内、記事下に広告を掲載するのが常識だ。これで最低でも3か所、ブログ内に広告を掲載することができる。広告サイズによってより掲載できる広告数を増やすこともできる。ただこの方法を採用した場合、PCからのブログへの訪問を想定している。スマホからブログへの訪問の場合、且つ、レスポンシブデザインを採用している場合、CSSの設定によっては記事内容よりも広告が先に表示される可能性が考えられる。この場合においては、ブログ読者から「ウザい」と思われる可能性が考えられる。つまり、個人ブログ初心者は次のうち、どちらの読者を優先するのか、優先した側に向けて掲載する広告タイプを考えた方がいいということになる。読者がPCを使ってブログへのアクセスを優先するケース、読者がスマホを使ってブログへのアクセスを優先するケースなのか、だ。

1記事あたりに掲載する総文字数で掲載する広告数を決める。

ブログから広告収入を得る為に、1記事あたりに掲載する広告数を「記事に掲載する総文字数で決める」という考え方だ。例えば、約500文字または約1000文字掲載するたびに1つの広告を掲載するという考え方だ。この考え方を採用する場合、掲載する広告数に大きな差が生まれることは否めない。

ブログに訪れる読者によっては、1記事あたりに掲載する広告数の考え方は大きく異なる。個人ブログ初心者は注意を払う必要がある。例えば、1記事あたりに掲載する総文字数が約2000字だった場合をイメージしてほしい。500文字毎に広告を1つ掲載するのと、1000文字毎に掲載するのでは、明らかに前者の方が「掲載する広告の数が多い」と読者によっては感じることになるだろう。ブロガーの気持ちとしては「4つの広告を掲載してもいいじゃないか!」と思うかもしれないが、読者によっては掲載広告数が多い!と感じる人もいるのだ。

個人ブログ初心者は、ブロガーとしてブログから広告収入を得る!と思えるかどうかを試される。ブログに訪れた読者に「1記事あたりに掲載する広告数が多い!」と思われたとしても、複数の広告を掲載するのか否か、という「お試し」である。なぜブロガーとして「お試し」があるのかというと、ブログに訪れた読者の中には、1記事中に1つでも広告を掲載することを是としていない人もいるからだ。また、読者の中には記事の内容と関連していない広告が掲載されているブログにもネガティブなイメージを抱く人もいる。

つまり、1記事あたりに掲載する総文字数で掲載する広告数を決める方法を採用するのであれば、ブログに訪れた読者が納得するであろう最小広告掲載数を検討する必要があるということだ。

記事を読んでくれた読者の中で、掲載している広告に興味がある人だけに向けて、1つだけ広告を掲載すると決める。

個人ブログ初心者の立場からすると「ブログに掲載した広告から収益を得たい!」と考え、ブログに訪れた読者の立場からすると「広告を表示させる為にブログに訪れたのではない!」と考えている。両者のブログに掲載する広告に対する考えの相違をなるべく解決したいと考えているのであれば、記事内容と関連した広告を記事下に1つだけ掲載するとブロガー自身が割り切るしかないという考え方だ。

ブロガーの視点で考察すると、記事下に広告を1つだけ掲載する方法は、記事を最後まで読んでくれた読者にしか広告が表示されない。他の広告掲載方法を採用するよりも広告収入を得ることは、より困難になる可能性が非常に高いと考えられる。

ブログに訪れた読者の視点で考察すると、記事下に広告を1つだけ掲載する方法は、記事を読むことに集中できる可能性が高まると考えられるので、読者が最後まで読んでくれる可能性は高いと考えることもできる。副次的なメリットとしては、ページ滞在時間が増える可能性と、記事内容と関連した広告を掲載することで、最後まで記事を読んでくれた読者が広告に興味を示してくれる可能性があると考えられる。

記事下に広告を1つだけ掲載する方法は、ブログ界隈の常識から大きく逸脱している。ブログ運営においては非常識な方法だ。「広告収入が入らなくなる可能性が高くなることをなぜするのか?」と考える個人ブログ初心者もいることだろう。このように考えるブロガーもいると想定される理由は「ブログに訪れた読者が最後まで記事を読んでくれるとは限らないだろ!」と考えているからだろうと推測する。

上記で述べたように、1つでも広告を掲載しているブログに対するネガティブなイメージを抱いている読者からすると「読みにくいブログ」に等しいはずだ。つまり、記事下に1つだけ広告を掲載するという考え方はブロガーにとっては究極の理想論で終わる可能性が高いということだ。それでもこの”理想論”を割り切って採用し、ブログから広告収入を得たいと考えているのであれば検討する価値はある。

結論として、

ブログに訪れた読者の立場を考えたブログ運営を目指すのであれば、ブログに掲載する広告数は減らす方がいい。しかし、ブログから広告収入を得たいと強く思うのなら、掲載する広告数は増やす方がいい。個人ブログ初心者は、これら「ブログ運営におけるジレンマ」を考えながら、ブログ運営、ブロガー活動を邁進して欲しいと願う。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する