記事作成日: 

記事更新日: 

1記事あたりの形式段落数を決めることがベターなブログの書き方の方法の1つ

「学校における国語の勉強や宿題じゃないのだから意味段落なんて考えたくない!」と思う個人ブログ初心者もいることだろう。当然な意見だ。ただ、ブログ記事作成前に段落数を決めるという考え方は検討する価値があると同意してくれているだろうと推測する。個人ブログ初心者に再度、提案したい。1記事あたりに掲載する予定の意味段落数を決めることができないのであれば、形式段落数だけは決めた方がいいと。なぜなら、形式段落数を予め決めておくことで1段落あたりに掲載する文字数を気にする必要がなくなるからだ。なぜ、1段落あたりに掲載する文字数を気にする、気にしないを殊更強調しているのか?と訝しげに思う読者もいることだろう。個人ブログ初心者が勘違いしている「SEO対策を意識した文章を心掛けて書く」を解決する手段の1つとして提案したい「ベターなブログの書き方の方法の1つ」だからだ。

個人ブログ初心者は、検索エンジンまたは検索ボットがどのようにキーワードを抽出しているのだろうか?と想像したことがあるのだろうか。例えば、1段落あたりに掲載している文字数が少ない場合と、1段落あたりに掲載している文字数が多い場合、検索エンジンまたは検索ボットの立場としてどちらが”好き”だろうか?と。微妙な表現を用いたが仮に自身が検索エンジンまたは検索ボットとした場合、前者を好きになるのだろうか、後者を好きになるだろうか。そもそもなぜ個人ブログ初心者は1段落あたりに掲載する文字数が少なくなる傾向になるのかを考えれば簡単な話だ。「読者が読みやすいブログレイアウト」を意識し過ぎているからだ。またはブログ界隈で云われているアドバイス通りに文章をただ書いているだけなのだろうと推測することができる。しかしそれではいくら「SEOを意識した文章を心掛けて書く」ことをしていたとしても、結果として検索エンジン、検索ボットから嫌われているのだとしたら好きになってもらう方法に変える必要があるのではないだろうか。1記事あたりに掲載する予定の形式段落数を決めることで、1段落あたりに掲載する文字数は必然多くなる。勿論だが常識的に考えて欲しいと願っている。1記事あたりに掲載する予定の形式段落数を多く設定しないで欲しいと願っている。この記事の形式段落数は敢えて少なく設定している。全体を通して3つの形式段落で記事を書いている。このように、日本語の文章は横書きに最適化されていないので、読者側からすると読みにくさったらないな、と思われるかもしれないが、SEO対策としては正解だと自負している。一昔前のブログ界隈の常識が良い例になるだろう。「1記事あたりに掲載する総文字数は〇〇〇〇文字以上書こう!」と云われていたのだ。1記事あたりに500文字以上、1000文字以上、2000文字以上、云々。今となっては非常識となっている考え方になっているが、SEO対策を考えるのであれば掲載する文字数に着目するしかない、ということだった。最後に1つ、注意として促していたいことがある。この記事は敢えて3つの形式段落数で書いているが、検索エンジン、検索ボットは賢い存在と考えておく必要があるということだ。つまり、1段落あたりに掲載する文字数が多ければSEO対策として成立するということはない、ということだ。自身で1段落あたりに掲載する最適な文字数も見出す必要があるということだ。以上のことからもわかるとおり、個人ブログ初心者に最低限必要な「ブログの書き方」は、1記事あたりに掲載予定の形式段落数を少なく設定し、1段落当たりに掲載する最適な文字数を検討するということになる。意味段落数を検討するよりも簡単な方法であると考えることができるので「ベターなブログの書き方」だと提案したい。

1記事あたりに掲載する総文字数ではなく、掲載する最小段落数、及び、1段落あたりに掲載する最適な文字数を検討することが個人ブログ初心者にとって「ベターなブログの書き方」であると同時に、「SEOを意識した文章を心掛けて書く」こともできると提案する。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する