記事作成日: 

記事更新日: 

いくつの意味段落で記事を構成するのかを検討することがベストなブログの書き方の方法の1つ

ブログの書き方を改めて記事にして書いたところで需要は無いと推測することができる。ブログの始め方やブログ入門等をテーマにしたブログは既に飽和状態であると断言することができる。そのような状況の中でもブログを始めたばかりの初心者や数週間から約1ヶ月ほどブログを継続した人がぶち当たる”最初の壁”の壊し方の需要はまだまだある。例えば、「ブログネタが欲しい」「何を書けばいいのかわからない」「書きたいことない」等だ。このような悩みに対してアドバイスという姿でブログ初心者に現れて次のようにささやくだろう。「ブログは自分が書きたいことを自由に書けばいい」「SEOを意識した文章を書くことを心掛けることだ」「読者目線、読者が求めていることを書くことだ」等だ。具体的な例等はあまり提示されない。なぜなら、敢えて”自分”が運営するブログと競合するブログやブロガーを増やす意味が無いからだ。それよりもずっと自分の「お客様」で居て欲しいとさえ思っているのかもしれない。ブログ初心者が誕生する度に「ブログの書き方」には需要がある間はこのような傾向は続くだろうと推測することができる。

ブログ初心者が「ブログの書き方」から離れる為、また、「ブログノウハウ系のお客様」から脱却する為にはどうしたらいいのか?または、どのような考え方を持てばこれらから脱却することができるのだろうか。考え方の1つとしては「ブログの書き方」を自分で見つけ出すという方法だ。オリジナルのブログライティングを見つけ出す、言葉でいうのは簡単だが難しいことは想像に難くない。「ブログの書き方」を見つけ出すことができたならいいのだが、見つけられなかった場合はどうなるのだろうか。

「ブログの書き方」に正解は無い。この事実を認めるかどうかがブログ初心者には必要なのだろう。特に個人ブロガーにとってはなおのこと、だ。仮に「ブログの書き方」に正解があるというのであれば、「読まれているブログの記事の書き方」が正解という考えに帰結すると推測することができる。つまり、結局のところ「ブログの書き方」とは「模倣」を推奨していると云っているのだろうか?とさえ思えてくる。模倣ではない文章の書き方、オリジナリティ溢れる文章の書き方、読者が読んでくれる文章の書き方、これらを統合したものが「ブログの書き方」と仮定した場合、個人ブログ初心者には想定していないことがあると推測する。個人ブログ初心者は、1記事あたりに掲載予定の意味段落数を検討しているだろうか?と。

個人ブログ初心者は1記事あたりにいくつの段落を使って記事を構成するのだろうか。場当たり的に書く傾向にあるブログにおいて段落数を予め決めておくという考え方は異質である。しかし、異質な考え方であったとしても1記事あたりに掲載する段落数を決めない限り、まとまりのない文章で溢れた記事になるといえなくはないだろうか。文脈を無視した文章や意味的に共通する文章を何度も書いている可能性が高い。このような状況を打開する為にも1記事あたりに掲載する予定の段落数をまずは検討した方がいい。

1記事あたりに掲載予定の段落数を決めたのであれば、次に検討することは意味段落の数を決めることだ。例えば、掲載予定の段落数が6つであれば、意味段落としては3つ、というイメージだ。三部構成、といえばわかりやすいかもしれないが個人ブログ初心者においては難しいのだ。なぜなら、意味を持たせた段落を構成する文章を書くとなると、1段落あたりに掲載する文字数はいくつなのか?という考えが頭をもたげるからだ。

個人ブログ初心者がよく行う傾向にある文章の書き方としてpタグを多用するパターンがある。これは読みやすさを意識し過ぎるあまりにpタグで1行ずつ文章を書く場合が散見される。改行コードであるbrタグを使わない理由は「自分が想像するような文章として表示されないから改行コードを使わない」と容易に想像することができる。これらの問題点としては、pタグは段落を意味するということ。考えてみて欲しい。段落数が異常に多いブログ記事の異様さというものを。文脈として一定方向に流れている文章であるにも関わらず、段落を敢えて変更している、という解釈になる。日本語が横書き読みに最適化されていないから仕方がないのかもしれない。以上が、1記事あたりに掲載する段落数を記事作成前に決めておく方がいい理由だ。

1記事あたりに掲載する意味段落数を決めて構成する方法がベストなブログの書き方の方法の1つと考える。段落数が異常に多いブログの書き方からの脱却こそが、個人ブログ初心者として卒業できる唯一の方法なのではないか?と考える。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する