記事作成日: 

記事更新日: 

ブログの見出しだけを読むのもベターなブログの読み方の方法の1つ

ページ内検索の機能を使って知りたい情報のキーワードを調べるのも面倒だ、と考えるブログ読者も中にはいると想定する。このような読者もいるとブロガーとして考えるのであればブログの読み方の方法をもう一つ考える必要がある。例を挙げるとするなら当ブログが恰好の良い例だ。一般的に日本語は縦書きで表記される。CSSで設定しない限りブログは横書きで表示される。今となっては珍しいことでなくなったのかもしれないが、人によっては横書きの日本語は読みづらいと思っていると考えられる。特に、当ブログのように長文を掲載しているブログは読まれない傾向にある。だからこそ、一般的なブログではCSSを用いて読みやすい装飾を設定したり、改行を多用する傾向にある。それでもなおブログは特に「流し読み」が無意識的に常識になっているのだから書くだけ損ということに陥りやすくなる。

ページ内検索を使わずに、且つ、流し読みさせない方法を考えた結果として、ブログの各記事の見出しだけを読むということをベターなブログの読み方の方法の1つとして提案したい。

ブログ記事において見出しを用いるのには理由がある。1つは読者が読みやすくなるように。もう1つはSEO対策だ。読者によって前者を訝しげに思う人もいるだろう。なぜなら、わかりやすい見出し文であればいいのだが、わかりにくい見出し文、または、単語だけの見出しであれば、その見出し直下にある本文に何が書かれているのか”読めない”からだ。「このブロガーは何の為に見出しを書いているんだ?」と思うのも無理はない。ブロガーが”無意味な見出し”を用いる理由はSEO対策しかない。ブログ界隈で云われている「SEO対策の為に見出しを書こう!」という安易なアドバイスを鵜呑みにしたブログ初心者が”罠に嵌った”格好だ。これではブログ読者は「流し読み」さえしないことにもなりかねない。もし、本文の要点をまとめた文章として見出し文を書いたのであれば、読者は記事内にある見出し文だけを読んだとしても、記事の内容はある程度理解できるのではないだろうか。読者にとっても短時間に記事の要点を理解することができるので、可能性でしかないが本文を読み込んでくれる可能性もあると考えることができる。このように考えた場合、例えば記事内に3つの見出しがあったとする。上記に挙げた例のように単語だけを書いたとしたら、見出ししか読まない読者は次のように思うのではないだろうか。「この記事の要点は、【キーワードA】【キーワードB】【キーワードC】ということで、結局何を伝えたいのだろうか?」と。可能性の1つとしてこの読者は二度とブログに訪問することはないと考えることもできる。これはブロガーとして避けたい事態だ。一方で、ブロガーによっては記事冒頭に記事目次を掲載している。内部リンク対策の意味もあるのかもしれないが大概はhタグを用いて見出しを書いている。このようなブログにおいて、上記の考え方を採用したブログ読者がいたとすると、記事冒頭に掲載された目次兼見出し文を読むことで記事の要点が理解できるということになる。これもブロガーとして避けたい事態の1つになる可能性もあるだろう。つまり、ブログの読み方の1つとしてベターな方法は、見出しをどのように捉えるのかをブロガーの立場として、また、読者の立場として検討する必要があるということになる。

本文を読むくらいなら見出しだけを読んで意味が成立するブログを心掛ける必要がブロガーにはあるのではないか?ということだ。ページ内検索の機能を使うまでもなく、短時間に記事の要点だけを読むことができる「ブログの読み方」の1つの方法として考えてみてほしい。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する