記事作成日: 

記事更新日: 

ページ内検索を使うことがベストなブログの読み方の方法の1つ

ブログを書く側であるブロガーの立場からすると投稿した記事は最後まで読んでほしいと思うものだ。しかし、いざ読者の立場になるとブロガーの気持ちは忘れてしまうものだ。「え、そんなことないっすよ。」というブロガーもいるかもしれないが「流し読み」でブログを読み終えることが多いと想像に難くない。これはブログに限った話ではないと考える。Web上にあるテキストを読む時は「流し読み」が常識と考えている。ブロガーによっては”流し読み対策”をしているのではないかと考える。言い換えるならば「読者が読みやすい文章を心掛けて書く」といった類のものだ。しかしながら、どのように書いたとしても、どのようにCSSで装飾したとしても、ブログというものは流し読みされる宿命にあると。このように結論づけたとして「流し読みされないブログ」は実現できるのだろうか。そもそもな話として「ブログの読み方」はあるのだろうか。もし「ブログの読み方」というものがあるのだとしたら、一般的なブログ読者は「流し読み」をせずに最後まで記事を読んでくれるのだろうか、という疑問すらある。

このように考えるとブログ初心者の中には「ブログやってる意味あるのかな」と思ってしまうのだろう。「ブログの読み方」なるものがもしあったらブログ初心者にとっては「流し読み対策」になるのだろうか。このように考えた結果としてベストなブログの読み方の方法の1つを考察した。

ページ内検索を使うことがベストなブログの読み方と考える。まず、一般的なブログの書き方として「まとめ」の項目が必ずある。Webブラウザのページ内検索の機能を使って「まとめ」という項目を見つけ出せば、とりあえずその記事に書かれた「まとめ」が記されている。勿論、「まとめ」がまとめになっていない可能性もあるがオフトピックなので割愛する。ブログにおける各記事の末端にある「まとめ」項目さえ読めば、とりあえず作成者であるブロガーの意見は理解できると考えられるからだ。「まとめ」項目だけ読んだとしても読者にとってもブロガーにとってもWin-Winの関係が少なからず結べるのではないか、と考える。次に、一般的なブログの書き方として「記事タイトルと見出しにターゲットキーワード」を用いられている可能性が高い。この考え方を採用してページ内検索の機能を使うことで、読者の立場として知りたい情報の箇所だけを読むことができる。例を挙げる。ブログ初心者のことを扱った記事を考えてみる。記事タイトルに【ブログ初心者向け】とあった場合、見出しにも使われている可能性があるということだ。または、検索サイト上における関連キーワードが使用されている可能性があるということだ。つまり、「流し読み」せずとも、また、記事冒頭から末尾にかけてじっくり時間をかけてブログを読まなくても、ページ内検索の機能を使うことで「知りたいことが書かれているブログ記事なのか?」ということが短時間にわかるということになる。

ページ内検索を使うことでブログ読者にとっても短時間に知りたい情報が掲載されているのか否かが瞬時にわかり、また、ブロガーにとっても自身が伝えたいことを「まとめ」項目に”まとめる”ことで本文をしっかりと冒頭から末尾まで読んでくれる可能性を高めることができると考えられる。ブログの読み方のベストな方法の1つとしてページ内検索の機能を使うことを検討してみてほしい。

著者:

【広告】

独自ドメインを取得するならオススメは

【広告】

レンタルサーバーを契約するならオススメは

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する