記事作成日: 

記事更新日: 

Aboutページを充実させてからシンプルなブログを公開する

固定概念を無くしたブログの始め方としてシンプルなブログの始め方を提案している。シンプルなブログを始めるのなら、ブログの始め方における固定概念を疑うところから始める必要がある。

ブログの始め方における固定概念には様々あるが、なかでもブログにおけるAboutページに対する固定概念はまだまだ根強い。「ブログにおけるAboutページの固定概念とは一体なに?」と言うならば固定概念が頭の中にあると云える。

ブログのAboutページとは一体どういう意味を持たせる必要があるのだろうか?ブログ運営する運営者、ブロガーについて紹介するページなのだろうか。それとも、ブログ自体を紹介するページなのだろうか。

ブログのAboutページは、ブログに訪れた訪問者が最も訪れるページと云われている。最も訪問者が訪れるページであるのなら、ブログの中でも最も重要なページであると考えることができる。Aboutページの充実こそがブログ運営の根幹であると云えるのではないだろうか。

しかしながら、ブログ初心者がブログを公開する際に作成するAboutページというものはブロガーを紹介するプロフィールページの様相を呈するのが一般的である。例を挙げるなら「こんな人が書いているブログです!」「こんなことやってました!」または「今はこんなことやってます!」等が掲載されているのが一般的である。または興味のあること等が列挙されているのがAboutページの一般的な例である。

ブログに訪れた訪問者が最も訪れるページと云われているAboutページに上記のような文言を書いているとするとブログに興味を示してくれるだろうか?それとも、”一般的”であるから自然に読んでもらえるのだろうか?もし、”一般的”ではないAboutページを作成した場合は、ブログに訪れた訪問者はブログに興味を示してくれるのだろうか?

シンプルなブログを始めるということは、ブログの始め方の”一般的”な固定概念をやめることにある。この考えに基づいてシンプルなブログを始めるのであれば、Aboutページも”一般的な書式”をやめる必要がある。

シンプルなブログを始めるのであれば「AboutページらしくないAboutページ」を検討してみてほしい。つまり、ブログにおけるAboutページの意味を再定義することを検討してみてほしい。

シンプルなブログを公開する前に「Aboutページの充実を図る」理由を挙げる。

シンプルなブログを公開する前に完結させるブログテーマと記事数を決めて書く。

一般的なブログに有りがちなことに、ブログを公開した直後に投稿記事がゼロまたは1つしかないという現象だ。「いや、ブログを公開した直後に既に数記事の投稿がある方がおかしいだろ。」と思うかもしれない。このように考える最たる理由は、ブログ≒日記という考え方に基づくのだろうと推測することができる。しかし、ブログ≠日記という考えであるのなら、ブログを公開した直後に数記事投稿されててもおかしくは無い、そうは考えられないだろうか。

ブログを公開した直後に既に記事が投稿されていることにはもう1つメリットがある。どのようなブログなのか?ということを読者及び検索エンジンに伝えることができるということだ。「読者はわかるが、検索エンジンにどういうブログなのかを伝える必要があるのか?」と思う人もいることだろう。雑記系ブログまたは雑記ブログと呼ばれているブログ形式がある。様々なジャンルやテーマを扱ったブログと思ってほしい。雑記系ブログ、雑記ブログの最大の問題は「メインとなるコンテンツは何だ?」ということに他ならない。言い換えるなら「メインとなるカテゴリーはどれだ?」ということだ。例えば、「今から雑記ブログを始めるぞ!」と意気込んで毎日1記事ずつ投稿していったとしよう。投稿するジャンル、カテゴリーが仮に3つまたは4つとしよう。順番に1記事ずつ記事を投稿していったとしよう。「このブログのメインとなるコンテンツは何だ?」この質問を投げかけられた時にどのように返答するだろうか。読者、人間に対しては「このカテゴリーがブログのメインコンテンツです。」と返答することはできる。しかし、機械である検索エンジンに対してはどうだろうか。つまり、メインとなるコンテンツとして提示できる程のコンテンツボリュームが圧倒的に足りないということに他ならないのだ。

ブログを公開した段階で、「ブログのメインコンテンツはこれだ」と提示できる程のコンテンツボリュームを持たせるのか否か。これがシンプルなブログを始める際の重要なポイントである。シンプルなブログを公開する際には必ずある程度のコンテンツボリュームを持たせることを検討して欲しい。ブログにコンテンツボリュームを持たせる為には、完結させることができるブログテーマを決める必要がある。その上で、決めたブログテーマに沿った記事を書くことになる。ただし注意として「いくつの記事数があれば完結することができるのか?」を考える必要がある。

ブログ初心者にとって難しいことの1つに「ブログは完結させるのか否か」ということを決めにくいということがある。例えばだが次のように考えるブログ初心者がいると仮定しよう。「カテゴリーを完結させるということは、今後更新することが無い、記事を投稿することが無い、そんなカテゴリーをブログ内に放置しておいていいのだろうか?」と悩むからだろうと推測することができる。ここに、ブログ初心者が考え方、視点を変える必要があるポイントがある。

「未来永劫、ブログが存続する限り、ブログにとって必要となるカテゴリーとは何だ?」と考えてみる、視点を変えてみる必要がブログ初心者にはある、と。

「ブログの説明…そうか!Aboutページ!」このように考え至ることができれば、やらなければならないことは自ずとわかるはずだ。

シンプルなブログを公開する前にまずAboutページを完結させる。

ブログを公開する前にブログのコンテンツボリュームを増やす為の施策として最適なのがAboutページを充実させることにある。Aboutページを充実させるには完結させるという意図を持つことである。一般的なブログのAboutページは1ページで収まるように作成される。しかし、それは固定概念であってストーリー仕立てでもいいのではないだろうか。「紹介文を長々と書く方がどうかしてるぜ。」と思う人もいるかもしれないが、ブログの運営において俯瞰して考えてみてほしい。1つのカテゴリーがなぜ完結しないのか?と。「伝えたい情報はいくらでもあるからじゃね?」と思う人もいることだろうが、そう考えるとするなら例えば、https://oomiyayamato.net/blog/というカテゴリー1つで充分なのではないか?という考え方もあるはずだ。

なぜブログのカテゴリーを分けるのか?なぜブログのカテゴリーを細分化する必要があるのか?という考えを持ってほしい。そこには明確な理由が必ずあるからだ。

「このWebサイトについて」と銘打ってAboutページの充実を図っている意図を説明するならば次のような考え方に基づいている。

  1. 「Aboutページは訪問者が多いと云われている。」
  2. 「Aboutページとは一体なんだ?ブログの説明をするページである。」
  3. 「ブログの説明…。ブログのメインコンテンツとも考えることができる…。」
  4. 「ブログのメインコンテンツ…。ブログに訪れた人に最も伝えたいことを紹介できるページ…。」
  5. 「最も伝えたいことを1ページだけで伝えることができるのだろうか?」
  6. 「否、読んでもらえるかどうかわからないが完結できる記事数を決めて書けばいいのではないか?」
  7. 「最も伝えたいことをAboutページに書くのであれば、他のカテゴリーとは一体なんだ?」

一例として挙げるならば、このように順序立ててAboutページの充実を図っている。このWebサイトにおけるAboutページを完結させる記事数は9ページと最初に決めた。勿論だが、Aboutページを完結させる記事数を決めるのは各々のブロガー次第である。1ページで完結するのであれば1ページで充分であり、複数記事が必要であれば複数記事を書けばいい。

「ブログのカテゴリーを1つ完結させてからブログを公開する」という考え方はブログ運営においては異端な考え方である。それは正にWebサイトである。しかしながら、ブログのメインコンテンツ、最も伝えたいことを完結に纏めるのであれば最適だ。同時に、ブログのコンテンツボリュームを充実させることができると考えるのであれば尚更メリットがある。

シンプルなブログを公開する前にはAboutページを完結させる、ということを検討してみてほしい。

シンプルなブログが完成したら生成した静的サイトを契約したレンタルサーバーにアップロードする。

静的サイトジェネレーターJekyllを使ってシンプルなブログを作成し完成した人はJekyllに備わっている生成コマンドを使って静的サイトを生成しよう。[1]

シンプルなブログが完成したら独自ドメインの取得及びレンタルサーバーの契約を行おう。[2]

独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約が完了したなら、完成したシンプルなブログの生成ファイルを契約したレンタルサーバーにアップロードしよう。[3]

契約したレンタルサーバーに完成したシンプルなブログの生成ファイルが無事にアップロードできたなら、フォルダ及びファイルのパーミッション設定を行おう。[4]

契約したレンタルサーバーにアップロードしたシンプルなブログのフォルダ及びファイルのパーミッション設定が完了したなら、完成したシンプルなブログを検索サイトに登録しよう。[5]

最後に、ブログがしっかりと表示されているかをパソコンのWebブラウザ及びスマホのWebブラウザからアクセスして確認しよう。無事にしっかりとシンプルなブログが表示されているのなら、晴れてブロガーとしてスタートを切ることができる。

結論として、

Aboutページをどのように扱うのかを考えることで一般的なブログと一線を画すことができる。ブログ運営の始め方としては他のブログよりも一歩先に進んでいるという点では有利であると考えることができる。

脚注

著者:

独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約は親和性があるサービスがオススメ

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する