記事作成日: 

記事更新日: 

AMP(Accelerated Mobile Pages)を導入してシンプルなブログを始める

シンプルなブログとはスマホで読める、スマホで読みやすいブログを目指すことである。「要するに、スマホに対応したブログを作ることですね」と言ってしまえばそういうことになる。しかし、スマホに対応したブログ等は一般化している現在に声高にいうことでもない。「シンプルなブログ」とは一般的に云われているスマホに対応したブログとは少し異なる方法を選択してブログを始めることを意味する。「シンプルなブログ」とはAMPを導入してブログを始めることにある。シンプルなブログを始める為にAMPに対応した方が良い理由を3つ挙げる。

シンプルなブログはスマホで読まれるブログを目指す。

シンプルなブログを始めることを決めたブログ初心者はスマホで読まれるブログを目的とする。シンプルなブログを始めるのであれば、簡素なWebデザイン、必要最低限の装飾をブログに施すことで「読み込み速度の速いブログ」にすることができるからだ。シンプルなブログは「読むブログ」を目指す。

逆に、凝ったWebデザイン、凝った装飾をブログに施すことで「魅せるブログ」になる。パソコンからアクセスされることを目的とするブログである。

「読むブログ」と「魅せるブログ」の比較は方法論である。どちらを選択するのかはブロガー本人が決めることである。ただし、シンプルなブログを始めるのであれば、「魅せるブログ」ではなく「読むブログ」を目指す。なぜなら、シンプルなブログのメインコンテンツはテキストコンテンツだからだ。無論、画像等を多用して”シンプルなブログ”を目指すのもいいだろう。しかしそれでは単にSNSを使った方が得策ではないだろうか?

つまり、シンプルなブログとは旧来のブログ、テキストコンテンツを主体としたブログを目指すことであり、且つ、パソコンではなくスマホで読むブログを目指すということである。

AMPに対応することでシンプルなブログが始められる。

シンプルなブログはAMPに対応することで実現できる。AMP(Accelerated Mobile Pages)化されたブログやブログ記事は、スマホからアクセスした際に通常のWebページよりも高速に表示されるというメリットがある。

シンプルなブログを始める為にAMPに対応する最大の意味は、必要最小限の構造でブログを作ることを学べるからだ。「どういう意味ですか?まったくわかりません。」と言われるかもしれないが、AMPに対応するには様々な制約のなかでWebページを作成することになる。例を挙げるとするなら、CSSの容量制限、AMP独自のタグ、使用できるJavaScriptの制限等などだ。WebページをAMP化に対応させる為にこのような制限がある理由は、偏に、モバイルデバイスでWebページを表示する際の高速化に他ならないのだ。

「制約がある」ということは「それ以外は必要無い」ということである。シンプルなブログを始める為に「それ以外は必要無い」を採用することで最短時間でブログを構築することができる、というアドバンテージがある状態で始めることができるのだ。

シンプルなブログはスタンドアロンAMPで始める。

一般的に云われている「AMPに対応する」とは、PCサイトをAMP化することを示す。つまり、2つのページ、否、2つのWebサイトやブログを作成することを意味する。WordPressのようなCMS等を使ったWebサイトやブログであればプラグインを導入することで簡単にAMPに対応することができる。

1からシンプルなブログを構築するのであればスタンドアロンAMPで始める。スタンドアロンAMPとは、全WebページをAMPに対応させた1つのWebサイトまたはブログのことである。パソコンからアクセスした際には”一般的な”Webサイトやブログとして表示され、スマホからアクセスした際にはAMPページとして表示される。上記で述べたように、2つのページ、否、2つのWebサイトやブログを作成する手間が省けるのがスタンドアロンAMPの最大のメリットである。

スタンドアロンAMPとしてブログをAMP化するには、<head>部に次のコードを記述する必要がある。

例)ブログのトップページ

    
      <link rel="canonical" href="取得した独自ドメイン">
    
  

例)ブログ記事の各ページ

    
      <link rel="canonical" href="取得した独自ドメイン/ブログカテゴリー/記事のURL">
    
  

AMPに対応したWebページはAMPページと認識してもらう必要がある。[1]上記の例のようにcanonicalでAMPに対応したページであると明示させる必要がある。

canonicalの設定を逐一、手入力で行うことも可能性あるが面倒である。静的サイトジェネレーターJekyllを使うことで上記の例にあるブログ記事の各ページのリンクをテンプレート言語であるLiquidを用いることで入力を自動化することができる。[2]

シンプルなブログを始める為に、スタンドアロンAMPに対応する為に、最低限の設定を行うことで最短時間で「スマホで読む」ブログを実現することができる。

結論として、

スタンドアロンAMPに対応することで、スマホに対応したシンプルなブログを最短時間で始めることができる。

脚注

著者:

独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約は親和性があるサービスがオススメ

【広告】

【広告】

Webサイト運営の向上を目的にcookieを使用しております。このバナーを閉じるか、当Webサイトの閲覧を継続することでCookieの使用を承認していただいたものとさせていただきます。

このWebサイトのCookieの詳細を確認する